ダーツに左回転をかける方法 | メリット・デメリット

旧ブログから引っ越しました!

ダーツに回転をかけることについて

特に、ソフトダーツにおいては、回転をかける必要は無いという説が有力です。自然に回転がかかってしまうという人は、無理して無回転にする必要も無いです。

ダーツに回転をかけるメリット

あくまでも、説に過ぎません。人によってはメリットが得られない方もいるかもしれません。

直進性が増す

回転がかり、空気抵抗が少なくなりますので、直進性は増します。

ダーツが弾かれにくい

無回転であれば、弾かれてしまうものも、回転していれば、ダーツの向きが変わって、そのままの軌道で入りやすい気がします。おそらく、100投のうち数本くらいは、恩恵が得られるのではないかと。しかし、ソフトダーツにおいては、羽を押すことによって反応するパターンもありますので、弾かれなかったことによって損をするパターンも出てくるのではないかと。

引っ掛けにくい

浅田さんが出たTV番組で詳しく説明されているので、ご参照のこと。

要は、バレルをつまんで、指を左右同時に離した場合、どちらかの指にひっかかることが多いということです。

同時にリリースするのは難しいですから。どちらかの指に残すことによって、一定の方向に力を向けやすくするということです。どちらかの指が残っている場合、自然と回転がかかります。

なので、回転をかけることにより引っ掛けにくくなるというよりは、逆で、引っ掛けにくいリリースにすると回転がかかるということではないかと。

左回転と右回転

右利きの場合の話をします。左利きの方の場合は、左右逆だと思って読み替えて下さい。

  • 左回転は、反時計回りのことです。
  • 右回転は、時計回りのことです。

プロの中でも、左回転の人もいれば、右回転の人もいれば、無回転の人もいます。今回は、回転をかけるという話なので、回転をかける場合に絞ります。

  • 左回転は、リリース時に親指が残っていればかかります。
  • 右回転は、リリース時に人差し指(中指がかかる人も)が残っていればかかります。

一般的には、左回転のほうが良いと言われています。

理由は、

  • 右回転の場合は、リリース時に人差し指が残るので、ひっかけて下に行ってしまうことが多いからです。
  • 左回転の場合は、ひっかけた場合も、上に抜けやすくなりますので、引っかかりません。

左回転のかけかた

私自身、何度も回転をかけようと工夫したのですが、一向にかかりませんでした。。。意識的に指を残すというのが非常に困難なのです。。。

非常に困難であり、得られるメリットも微妙なので、回転をかけること自体に拘るのはナンセンスというのが、実情でしょう。

YouTubeを見ていたところ、左回転のかけ方について、面白い動画があったので、自分も試したみました。

www.youtube.com

その結果、、、左回転が簡単にかかった!!!感動しました。

ポイントはグリップです。グリップを変えるだけで、左回転はかかります。フィルテイラーもそうグリップしているという説明もあり、説得力がありました。ただし、グリップを変えることは、リスクが高いので、そこは自己判断でお願いします。

また、バレルによって、回転のかかりやすいバレルがあるようなので、バレル選びも重要です。例えば、村松治樹選手なんかのバレルは、カットが斜めに入っていますね!!!これは、左回転がかけやすいように作られております。もし、右回転をかけたい人の場合は、このカットは活かせないと思います。

右回転のプロもたくさんおります

大和久プロ「癖は直すものではなく利用するもの」| 右回転も問題無し
癖は直すものではなく利用するもの。引っ掛かる人は引っ掛ける。払っちゃう人は払う。癖っていうものは、自然にやってしまう動作なので利用しない手はない。

菊地山口さんの動画

www.youtube.com

PDCプレイヤーも、回転をかけることを止めるプレイヤーが増えているらしいですね。参考になるお話が多かったです。

最後に

ダーツは得点を競うスポーツなので回転をかけることによって得点アップが見込めないのであれば無理に拘る必要は無いと思います。

もっとも、私は、ダーツの楽しさを追及したいので、面白いことには何でも飛びつこうと思います。

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
シェアする
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント