【マナー】ダーツのゲーム前後のあいさつ

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

ダーツのマナーについて重い腰を上げ、記事にしてみようと思いました。

なぜ、今の今までマナーについて書かなかったかというと、、、正直あまり語れるほど精通していなかったからです。

では、マナーを熟知したから書こうと思ったのかというと、それも違います。自分が知っておいて良かったと思ったことや、初心者を見知らぬダーツバーに連れて行ったときに、覚えておいて損は無い、最低限のマナーだけに絞って書いて行こうと思います。

「ダーツバーではソフトドリンク一杯で粘らない」などは取扱いません。これは、店によって異なりますし、ダーツのマナーというよりは、ダーツバーの作法的なところなのであまりバーに行かない僕は、わかりません。。

今回は、ゲーム前後の「あいさつ」についてです。

ゲーム前後のあいさつについて参考にしたサイト

以下のサイトを参考にしました。

ダーツのルールとマナー | 公益社団法人 日本ダーツ協会
公益社団法人 日本ダーツ協会 オフィシャルサイト。スティールダーツ、ソフトダーツ、競技会・講習会、プロテストの情報など

また、テーブルマナーに代表されるように、日本と海外とではマナーが異なる可能性があります。そのため、海外のサイトも参考にしました。

9 Unwritten Rules Of Darts Etiquette
Etiquette in darts can be less about manners and more about form and function. Without proper etiquette, you run the risk of succumbing to chaos. These are the ...

基本的には、日本も海外も基本的なマナーには変わりありません。

ゲーム前後のあいさつについてアンケートを取ってみました

いくつかのサイトを見てみましたが、

「試合前後に握手もくしはグータッチをする」と、握手でもグータッチでも良い旨書いてあるサイトがありました。

また、海外のサイトでは、「試合前後に握手をする」と書いてあるサイトもありました。

もしかすると、日本で海外とであいさつのやり方が違うのか?

待てよ、、、日本でも地域差があるのでは?と思ったため、Twitterでアンケートを取ってみることにしました。

ゲーム開始前のあいさつについて


投票数が200前後と、若干サンプル数は少ないですが、参考になるかと思います。

ほとんどの人が「グータッチ」をしています。「握手」の人もいるようです。

実際には、「グータッチ」や「握手」をしながら「お願いします」と言います。念のため書いておきます。。

僕の意見を付け足すとすると、最近はダーツ人口も増えましたし、対戦する機会も増えました。ダーツのゲームは短時間で終わることが多いですし、連戦することも多いです。

また、ダーツは狭いスペースで対戦します。隣の台との距離も小さいことが多いです。

特に、ダブルスをすると、狭いスペースに4人集まることになります。

挨拶をした後に、すぐに先行のプレイヤーがスローラインに入るので、現実的には握手するのは難しいです。

そのため、簡易な「グータッチ」で済ませているのではないか?と思います。慣れた間柄だと、片手だけちょっと出して軽くコツンとやってすぐにゲームに入ることが多いです。

もちろん、握手がダメというわけでもありませんが、「グータッチ」が多数派でしょう。

ゲーム終了後のあいさつについて

投票数が200前後と、若干サンプル数は少ないですが、参考になるかと思います。

ほとんどの人が「握手」と答えております。ただ、「グータッチ」もそれなりに多いです。

実際には、「グータッチ」や「握手」をしながら「ありがとうございました」と言います。念のため書いておきます。。

僕の意見を付け足すとすると、ゲーム開始前と違い、ゲーム終了後はすぐにまたスローラインに付くことは無いため、より丁寧な「握手」を選ぶプレイヤーが多いのではないかと思います。

簡易な「グータッチ」を選ぶプレイヤーも多いので、完全に間違いというわけではありませんが、無難に行くなら「握手」のほうが良いかと思います。

また、あいさつのタイミングですが、ゲームが決まった直後はダーツボードにダーツが刺さったままです。刺さったまま握手するか、抜いてきてから握手するか、迷うことがあるかもしれません。(僕は迷いました。。)

たぶん、ダーツボードにダーツが刺さったままのほうが良い気がします。抜いてくると相手を多少待たせることになりますので。。

あいさつの省略は???

ダーツのゲームは短時間で終わります。

そして、連戦することも多々あります。

「ゲーム開始前はグータッチ、ゲーム終了後は握手」をしておけば無難です。

ただし、何戦も連続でする場合は、簡易にグータッチだけだったり、下手すると「お願いします。」と軽く頭を下げるだけで済ます場合もあります。

その辺は相手との間柄にもよりますので、周りの状況やノリ次第かなという気はします。

【こぼれ話】ソフトダーツプロツアーPERFECTの試合中はあいさつは省略

なかなかビックリな競技規定なのでご紹介します。

ソフトダーツプロツアーPERFECTでは、試合中のグータッチや握手が禁止されております。。

試合中のグータッチ・握手は行わない。
競技規定 | PERFECT ソフトダーツプロトーナメント

おそらくですが、試合進行に少なからず影響を与えるからだと思います。

なんだかなぁ。。。という気はしますがルールはルールですからね。

そして、上記でも述べましたが、PERFECTの試合上こうなっているからかわかりませんが、平場(ダーツバーなど)でも、あいさつが省略されるようになったのは、この影響もあるかもしれません。

【マナー】ダーツのゲーム前後のあいさつ | まとめ

ダーツのゲーム前後のあいさつについてまとめました。ゲーム開始前にはグータッチ、ゲーム終了後には握手が多数派です。お互いが気持ちよくプレイできるよう、覚えておいて欲しいマナーです。

ダーツ炎上勢Tシャツをプロデュースしている僕ですが、意外とこういうところも気にしていますw

タイトルとURLをコピーしました