トリニダード ハードボードのレビュー | ソフト規格のサイズで評判も良く人気のボードです

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

TRiNiDAD(トリニダード)から発売されている、ブリッスルハードボード(ソフト規格)のレビューを行っていきたいと思います。

僕自身、家庭用ダーツボードを10枚くらい持っていますが、練習用(フォームを身に付けたり投げ方の確認)には一番良いダーツボードだと思います。

ソフトダーツとハードダーツ(スティール)のボードの大きさの違い

  • ソフトダーツボード=15.5インチ(約39.4cm)
  • ハードダーツボード=13.2インチ(約33.5cm)

このように、ソフトダーツボードとハードダーツボードでは、大きさがだいぶ異なります!!!

従って、練習するならもちろん、ソフトはソフト、ハードはハードです。(競技で実際に使用する大きさのものを使うのが当たり前です。)

ハードダーツ(スティール)の魅力

しかし、ハードダーツにはハードダーツにしか無い魅力があります。

ハードダーツの魅力は、

  • 刺さるときの音が静か
  • ダーツボードの価格がリーズナブル(5000円台とか)
  • 飛びや刺さりを確認できる、楽しめる

です。

競技でハードダーツをするわけではないよという方にも、ぜひやってみていただきたいです。

そういった方に非常におすすめできるダーツボードが、トリニダードのソフト規格サイズのダーツボードです。

商品説明

スペック

寸法 46.2 x 46 x 4.8 cm ; 5.56 Kg
重さ 5.56Kg
サイズ 15.5インチ(≒39.37cm)

的の大きさは、競技用のハードダーツボード(13.2インチ)と異なり、ソフトダーツボードと一緒です。

重さは、一般的なソフトダーツボードよりだいぶ重いです。

静音性

トリニダードのハードボードはブリッスルという麻で作られています。

樹脂で作られているソフトダーツボードと比較すると、音は非常に静かです。

耐久性・コスパ

ちょっとAmazonの購入履歴を見てみたのですが、僕がこのダーツボードを購入したのは2017/1/16っぽいです。

1日1時間程度投げておりましたが、1年以上経過しても問題なく使えています。

さすがに、ブル付近は毛羽立ってきて、刺さりが悪くなってきましたが、刺さりの良いコンバージョンチップを使用するなどすれば、まだ問題ないです。

【質問】ソフトダーツチップでも使用可能ですか?

よく、ソフトダーツチップで使用可能かという質問をいただくのですが、結論からいうと使用可能です。

ただ、基本的には、スティールのポイントで使用するほうが刺さりが良いですし、刺さった音や刺さり方を楽しむうえではハードダーツを使用することをおすすめします。

ソフトダーツ用のバレルしか持っていないという方は、コンバージョンポイントの使用をおすすめします。

[card2 id=”4607″ target=”_blank”]

参考までに、ソフトダーツ用のチップを使用して投げてみた画像を貼ります。

こちらも、実際に投げてみた動画を貼り付けます。

トリニダードのダーツボードをおすすめしたい人

がんがんブルに投げ込みたい人

がんがんブルに投げ込みたい人にはおすすめです!!!

個人的には、外投げでソフトダーツを投げるよりも、練習に向いていると思います。

ホント、個人的な話で申し訳ないのですが、ソフトダーツでの練習は、

  • 冬場は指が荒れやすい(チップが抜きにくいので)
  • 弾かれて床から拾うときに腰が痛くなる(おっさんなので。。)
  • チップが折れたり曲がったりしたときに変えるのが面倒

だと思います。

その意味で、トリニダードのハードボードでの練習は、指や腰に負担をかけず、ブル練の高速周回をするには最適だと思います。

飛びや刺さりなどを綺麗にしたい人

ソフトダーツは盤面の性質上、どうしても平行に刺さります。そのため、よほど目が良い人でもない限り、飛びの確認をしづらいです。

ところが、ハードボードでの練習をしていると、飛びが悪いと刺さりませんから、飛びが意識しやすいです。もちろん、飛びを気にしすぎて入らないというのもダメですが、飛びは良いに越したことが無いと思います。

刺さる音を楽しみたい方

ハードボードに刺さる音、、、良いですよね?(笑)←語彙力

ソフトダーツの激しい電子音や効果音も楽しいですが、たまにはまったりとハードボードにコツンコツンと刺さる音を楽しむのはどうでしょうか???

けっこう癒されますよ。

購入先

created by Rinker
トリニダード(TRiNiDAD)
¥6,406 (2021/06/21 11:54:14時点 Amazon調べ-詳細)

トリニダード ハードボード(ソフト規格サイズ)のレビュー | まとめ

今回は、トリニダードのハードボード(ソフト規格サイズ)のレビューを行ってきました。約6000円程度のリーズナブルな値段で、耐久性も良い、コスパ最強のダーツボードです。

静音性も良く、家投げに最適だと思います。

また、飛びや刺さりなどを気にしながら練習したり、息抜きになど、普段ソフトダーツでプレイされている方にとってはちょっと違った楽しみができるに違いありません。

ホント、おすすめのダーツボードです。

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)がお届けしました。

タイトルとURLをコピーしました