【バレル】TARGET ラプター G2 西谷譲二選手モデル(タングステン80%モデルのほう)

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

最近ブログを書いていないので、とうとう辞めたのではと思われていそうですね。

残念ながら、、、辞めていません!

とは言いつつも、書きたいネタもないし、読者が望むようなネタもないので放置していたのは事実です。

しかし、、、本日急に天からお告げがあり急にふと書き留めておきたくなったことがあります!!!

天からお告げがあったのは冗談ですw

先日発売された、JAPANで大活躍されている西谷譲二(にしたにじょうじ)プロのバレルです。

こういうやつ。

TARGET 【ターゲット】 ラプター G2 西谷譲二選手モデル (RAPTOR GEN2 Tungsten80%) | ダーツ 2BAバレル 17.0g

出典:Amazon.co.jp

Twitterや掲示板を見ていてちょっと引っ掛かったことが発言があったんですよね。

その内容はというと、西谷選手が使っているバレルはRAPTORのタングステン90%(高いほう)で、タングステン80%のほうはエントリーモデルとして出したので本人は使っていないのでは?という内容です。

しかし、、、のちのち本人から発信されたツイートにて、実際に試合で使っていたことが判明します。

要するに、西谷譲二プロはタングステン80%のバレルを使っている(毎回かはわかりません)ってことです。

タングステン80%について

最近は、いろいろなメーカーさんがタングステン80%のモデルを多数出しております。理由は様々だと思いますが、値段がリーズナブルにしやすいってところが大きいです。

タングステン80%のバレルはリーズナブル

実際、人気選手のモデルにはハイエンドモデルとしてタングステン90%とエントリーモデルとしてタングステン80%を意図的に出し分けているものもあります。

では、タングステン80%は初心者向けか?タングステン80%のバレルを使っているトッププロはいないのか?

というとそういうわけではありません。

西谷プロはどうなんでしょうね???結論から言うと、、、

西谷譲二プロは以前タングステン70%のバレルを使っていた

僕は5年ほど前からダーツブログを書いております。

そのころ西谷プロはPERFECTに所属しており、バレルメーカーもトリニダードでした。PERFECTの優勝経験もない時期でした。

西谷プロの進撃がはじまったのが、2017年あたりからです。(TBさんのブログにも書いてあります。)

そのとき西谷プロが使っていたのはTiTo7シリーズの怠惰というタングステン70%のモデルです。

IMG_20170423_011504314.jpg

出典:西谷譲二のバレル | F社長の『直感力』

参考までに怠惰のスペックを挙げておきます。

全長:44mm
最大径:6.6mm
重量:16.5g
材質:タングステン70%

重さはダーツバレルとしてはよくある16.5gですが、タングステン70%は比重が低いのでちょっと太めになります。
TBさん曰く

変えた理由は   今年から左回転させる為に弾く投げ方に変えるにあたって   西谷にとって一番適したバレルだったそうです
西谷譲二のバレル | F社長の『直感力』

らしいです。

TBさんが言っていることなので話半分だとして、それでも半分くらいは合っている気がします。

西谷譲二プロのバレル変遷

トリニダード カマチョ

出典:Amazon.co.jp

発売時期は2018年3月頃です。

TRiNiDAD 西谷譲二モデル | F社長の『直感力』

スペックはこちら。

全長:44mm
最大径:6.6mm
重量:16.5g
材質:タングステン90%

スペックだけ見ると、素材のタングステン比率が違うところ以外を見ると同じですね。タングステン比率が違うのに外形が同じというところから察するに、中をくり抜いてウェイト調整している可能性が高いです。

トリニダード カマチョ2

出典:Amazon.co.jp

発売時期は2019年9月頃です。

スペックはこちら。

全長:45mm
最大径:6.6mm
重量:15.5g
材質:タングステン80%

ここでまた、タングステン80%にしています。重さも前回より1.0g軽い15.5gです。

ターゲット ラプター

出典:Amazon.co.jp
発売時期は2020年6月頃です。

スペックはこちら。

全長:45mm
最大径:6.8mm
重量:19.5g
材質:タングステン90%

これは、いままでの西谷選手のバレルの遍歴からすると、かなり重いです!3.0g~4.0gも重いって尋常じゃないです。最大径も今までより太めですね。

ターゲット ラプターG2


出典:Amazon.co.jp
発売時期は2021年6月頃です。
スペックはこちら。

全長:45mm
最大径:6.6mm
重量:19g
材質:タングステン90%

これも、前回の重さを若干踏襲しつつも、最大径は多少細めにしてきています。長さは西谷選手安定の45mm。

ターゲット ラプターG2 タングステン80%

さて、話が長くなりましたが、本題のバレルがこれだ。

出典:Amazon.co.jp

発売時期は2021年10月末くらいです。

スペックはこれです。

全長:44mm
最大径:6.6mm
重量:17g
材質:タングステン80%

むむむむむ???

TARGETの今までのバレルと比べるとすごい軽いから、エントリーモデルを出したのかな?と思われるのもうなづけます。

しかし、これ、トリニダードの怠惰や、カマチョ/カマチョタイプ2と形似ていないですか????

ちょっと表にして比較してみましょう!

メーカー バレル名 最大径 長さ 重さ 素材
※タングステン
トリニダード 怠惰 6.6mm 44mm 16.5g 70%
トリニダード カマチョ 6.6mm 44mm 16.5g 90%
トリニダード カマチョ2 6.6mm 45mm 15.5g 80%
ターゲット ラプター 6.8mm 45mm 19.5g 90%
ターゲット ラプターG2 6.6mm 45mm 19g 90%
ターゲット ラプターG2 80 6.6mm 44mm 17g 80%

スペック的にはトリニダード時代のバレルに非常に近いものになっていて、実は西谷選手の本命のガチのバレルはこっちなんじゃないかな?と。

【結論】ラプターG2 タングステン80はガチ

以上から見て来たように、ラプターG2 タングステン80は、西谷選手がいままで使っていたバレルの延長線上にあるように見え、「決してセールス目的だけのエントリーモデルではない。」と断言できます。

なんかね、トリニダード時代のバレルのスペックに戻ってきている感じがしますね。ここ最近、当時の快進撃の勢いが戻ってきている気がするのも偶然ではないような。

タイトルとURLをコピーしました