【ご報告】武器商人&紅音優は結婚しました

どうも、武器商人(@BukiDartsBot)です。

新型コロナパニックで暗いニュースが続いて先の見えない情勢のなか、私事ではございますが、紅音優さんと入籍しました。

くだらないエピソードも書きますが、興味のある方はぜひ読んで下さい^^;

【ご報告】2020年4月1日入籍しました

Twitterでも報告しましたが、改めましてご報告です。

140文字に誤字を2つも入れてしまうという失態をしてしまい、つくづくTwitterはむいてねぇなと思い、ブロガーらしくブログで報告することに決めました。

リプやいいねもたくさんいただきましたし、誤字含めて僕のキャラの一つなので、投稿しなおしはしませんでした。

余談ですが、婚姻届も書き損じを考慮し5部もらったし、お互いにミスにミスを重ね、永遠に終わらなそうな気がしたので、訂正箇所だらけのものを出しました。

「エイプリルフールのネタ?」と戸惑った方もいるかと思いますが、僕の誕生日でもあり、大安でもあり、良い日(41)でもあり、妻が大学を卒業したタイミングでもあるのでキリが良いなと思って決めました。

ということで、37歳童貞おじたんを卒業しました。もちろん、推定童貞の原則がはたらくので証拠がないうちは童貞というレッテルは外れないままです。。

出会いのキッカケはダーツとツイキャス

出会いのキッカケはツイキャスでした。

妻(なんかまだ呼びなれない。。)は、大学でダーツ部に所属しておりました。

お互いにツイキャスで配信をしていて、お互いの配信に行き来するようになり、住まいが近い(僕が宮城県在住で、妻が山形県在住だった)ので、近いじゃんってことで一緒に投げることになったのが初デートでした。

これだけグッズを持っていけば何かしら興味引くだろうってことで持って行ったんですけど、あまり意味なかったです。。

宮城と山形の往復

宮城と山形でそんなに遠くないだろう?と思っていたのですが、僕が太平洋側に住んでいるのに対して、妻(なんかまだ呼びなれない。。)は日本海側でした。東北地方だとはいえ、横断するとけっこうな距離になります。

ルートにもよるんですが、150Kmは余裕でありました。互いの行き来以外にも車で移動することが多かったので、だいぶ走りましたね(汗

たぶん、移動だけでも2万Kmは運転したと思います。

5ch対策で広告収入でJDに焼肉を奢るブログへ

僕のブログ、好き勝手に書いていたため、よく誹謗中傷を受けたものでした。

妻は当時女子大生でしたし、投げ会行くだけでも、「武器商人がリア凸したってよ」みたいに書かれました。

挙句の果てには「焼肉とお金で女子大生の身体を買った」とまで書かれました(笑)

下手に煽ったりすると逆効果ですので、逆手にとって「広告収入でJDに焼肉を奢るブログ」をアピールしてやっていくことになりました。

その作戦が成功したかどうかはわかりませんが、結果的にはTwitterからは距離を置き、ツイキャスのリスナーさんと炎上をネタにしつつ、楽しんでいました。

そのうち、掲示板だとか他人の目は気にならなくなりました。。

ブログの感想をもらったり卒論を手伝ったりするようになり急接近

妻(なんかまだ呼びなれない。。)との交際は、遠距離ではないものの、すぐに会うにしては遠い距離でした。

必然的に、ライン、ライン電話、ツイキャスで交流をすることが非常に多かったです。

お互いにやることもありましたし(僕は仕事、妻は大学)、会えないことも多くて。。

で、僕のブログを読んで感想をもらったり、ツイキャスで記事を紹介したりしてくれたりしました。

めちゃくちゃアクセス数が伸びました。

この辺のタイミングで交際もスタートしました。

僕のやっていることを理解してもらえるってことは、すごくありがたいことだったし、うれしかったです。

今僕は、ダーツ用品のレビューブログをはじめましたが、彼女が居なかったら出来なかったでしょう。

ダーツレビュー|おすすめ商品の比較やまとめをする
武器商人@ダーツがおすすめするダーツ用品...

卒業したら同棲しよう⇒反対される

交際がスタートしてからは、妻(なんかまだ呼びなれない。。)のアパートに泊まることが多くなり、二人で一緒に過ごすことが自然になっていきました。

漠然と、卒業したらこのまま同棲しようと考えていたのですが、卒業が決まった3月頭に、結婚前の同棲は親に反対されました。

結婚前の同棲は、人によって考えが別れるので、どっちが正解とかはないと思うんですが、どうせなら両親にも賛成してもらいたいと考えるようになりました。

んじゃぁ、「結婚するか?」っていう話になり、結婚しない理由もなかったので結婚するという方向で話を進めました。。

しかし、、、このころから新型コロナの情勢が急激に悪化しました。

結婚の段取りを大急ぎで進める

僕の両親は、相手の両親が納得していただけるならどういう形でも良いということだったので、、、

2020年3月20日に妻の両親にご挨拶。2020年3月26日に両家の顔合わせと、かなり強引なスケジュールで決めました。

何をそんなに急ぐのか?と思われるかもしれませんが、妻の山形のアパートの退去も決まっておらず、就職活動もこんな状況だからできない。おまけに妻の実家が東京のため、どうしても東京との行き来が発生してしまう。。

僕も会社勤めのため、不要不急の外出は自粛するよう言われておりました。そして首都封鎖の話も出ていただけに、もしかして急がないとヤバいんじゃない?と。。

もちろんのこと、マスクをがっちり装備しつつ、うがい・手洗いも徹底して、人ごみには行かず警戒しておりましたが、何があるかわからない。

この時期は、薄氷を踏む思いでした。。

入籍は4月1日と強引でしたが、決めました。理由は先にも書いた通り、僕の誕生日でもあり、大安でもあり、良い日(41)でもあり、妻が大学を卒業したタイミングでもあるのでキリが良いなと思って決めました。

2020年4月1日に予定通り入籍

二人の結婚の意思は固いということはわかってもらえたので、その後はお互いの両親は全面的に協力してくれました。

かなり無茶苦茶なスケジュールでしたが、何とか入籍までは済ませることが出来ました。

引っ越しはこれからです。。

結婚式・披露宴はもちろん未定。会社や親戚にも最低限の報告のみ。おかげで、まだ何も実感が湧いておりません(苦笑

しかし、Twitterやツイキャスで、たくさんの方にお祝いのメッセージをいただけたことは、すごく嬉しいです。

こちらのイラストは、ダーツ炎上勢Tシャツ&パーカーもデザインしていただいた、くまおさん(@the_painter_k)作

(よかったら、くまおさんフォローしてみて下さい。あと、イラストやデザインの仕事があったらぜひ)

これから

これからも、新型コロナの件は、厳しい状況が続くと思います。まったく見通しがつきません。

仕事もプライベートも、この先どうなるかわかりません。

ダーツ業界は、飲食店とのかかわりが強い業界なので、大打撃を受けることは間違いないでしょう。

しかし、僕自身、ダーツをやっていなかったら、妻とも出会うことも無かったでしょうし、結婚することも無かったのは間違いないです。

ダーツっていう素晴らしいスポーツ?趣味?が廃れてしまわないよう、微力ではありますが尽力したいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました