レーティング18問題 | DARTSLIVE(ダーツライブ)のRT(レーティング)の実状と問題点

DARTSLIVEのレーティング

ソフトダーツのプレイを楽しむ上で、レーティングは重要な指標です。ダーツライブの場合、レーティングは1~18まであります。

突然ですが、トッププレイヤーのレーティングはいくつかをご存知ですか?

SUPERDARTS2018でフィル・テイラーを下して優勝した村松治樹プロはレーティング18です。ポール・リムもレーティング18です。

出典>>>DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER(ダーツライブオフィシャルプレイヤー) | DARTSLIVE

詳しく数字を見て行きましょう。

DARTSLIVEのレーティング体系

DARTSLIVE RATING 換算表

DL FLIGHT DL2 FLIGHT 01 CRICKET RATING
C C 0.0 ~ 0.00 ~ 1
40.0 ~ 1.30 ~ 2
45.0 ~ 1.50 ~ 3
CC CC 50.0 ~ 1.70 ~ 4
55.0 ~ 1.90 ~ 5
B B 60.0 ~ 2.10 ~ 6
65.0 ~ 2.30 ~ 7
BB BB 70.0 ~ 2.50 ~ 8
75.0 ~ 2.70 ~ 9
A A 80.0 ~ 2.90 ~ 10
85.0 ~ 3.10 ~ 11
90.0 ~ 3.30 ~ 12
AA AA 95.0 ~ 3.50 ~ 13
102.0 ~ 3.75 ~ 14
109.0 ~ 4.00 ~ 15
SA 116.0 ~ 4.25 ~ 16
123.0 ~ 4.50 ~ 17
130.0 ~ 4.75 ~ 18

出典>>>DARTSLIVE HELP

特に、レーティング18以上の数字が臭いです!レーティング18以上のプレイヤーは、レーティング表記がおかしいことに気付くはずです。

DARTSLIVEオフィシャルプレイヤーのレーティングとスタッツ

名前 RATING 01Stats クリケStats
ポール・リム 18.11 132.11 5.61
村松治樹 18.10 131.16 5.63
勝見翔 18.07 131.36 5.28
安食賢一 17.72 125.41 5.34
野毛俊平 17.57 121.66 4.94
榎股慎吾 17.45 120.11 5.09
鈴木未来 16.75 117.43 5.11

出典>>>DARTSLIVE OFFICIAL PLAYER(ダーツライブオフィシャルプレイヤー) | DARTSLIVE

上記のレーティングやスタッツは現在のものと異なる場合がございます。
武器商人@ダーツ
武器商人@ダーツ
鈴木未来プロのレーティングおかしくないですか???

鈴木未来プロのクリケスタッツは、野毛俊平プロや榎股慎吾プロのそれより高いにも関わらず、レーティングでは劣っております。

実は、、、クリケスタッツは4.75以上は計算されないようです

MAXレーティング18のクリケスタッツである4.75以上は計算されていないらしいです。要するに、クリケスタッツが4.75以上ある選手は、クリケスレーティングは18として固定され、01スタッツだけでレーティングが計算されているということになります。

尚、01スタッツに関しては、レーティング18以上も計算されるため、表示レーティングが18を超えることはあります。

例えば、日本最強の呼び声高い、浅田斉吾(あさだせいご)プロのレーティングは以下です。

勝見翔プロ(RT18.07/01→131.36/CR→5.28)と比較するとわかりやすいです。レーティングこそ0.12しか変わらないものの、クリケットのスタッツは0.69も違います!!!レーティング18以上の部分は01スタッツしか計算されていないと見れば、納得の行く数字だと思います。

名前 RATING 01Stats クリケStats
勝見翔 18.07 131.36 5.28
浅田斉吾 18.19 136.11 5.97

この違いはどうなんでしょうか・・・?!

そして、上には上がいて、大和久明彦プロは驚異のレーティング18.20オーバー(笑)

レーティング18以上を計算してみよう!

01 CRICKET RATING
123.0 ~ 4.50 ~ 17
130.0 ~ 4.75 ~ 18
137.0 ~ 5.00 ~ 19
144.0 ~ 5.25 ~ 20
151.0 ~ 5.50 ~ 21
158.0 ~ 5.75 ~ 22
165.0 ~ 6.00 ~ 23
172.0 ~ 6.25 ~ 24
179.0 ~ 6.50 ~ 25

実際問題、こんなスタッツを出すプレイヤーはいないとは思いますが、理論上最大の数字まではレーティングを用意するべきです。

おそらく、DARTSLIVEのレーティング体系を制定した時期、レーティング18相当の数字を出すプレイヤーがこれほどゴロゴロ出現するとは考えられていなかったのでしょうね!

しかし、今現在は、レーティング18を超えるレベルのプレイヤーはちらほらいます。クリケットに限って言えば、しっかりと計算するのであれば、JAPANやPERFECTの上位プレイヤーはすべてレーティング18オーバーです。浅田斉吾プロはレーティング23相当打っているわけです!

同じレーティング18でもずいぶんとスタッツ差が出てきているわけですから、レーティング体系の見直しが必要な時期ではないかと思います。

大和久明彦(おおわくあきひこ)プロからコメントいただきました

柴田豊和(しばたとよかず)プロからコメントいただきました

JAPANレディースの女子プロのレーティングについて

別記事にまとめました。

参考までにどうぞ!!!

女子プロのレーティング JAPAN LADIES編
ダーツの女子プロのレーティングを調べてまとめました。今回はJAPAN LADIESのみです。女子プロと言いましても、PERFECTとJAPAN LADIESでは基準となるレーティングが異なります。今回はJAPAN LADIESの...

レーティング詐称問題との兼ね合い

DARTSLIVEOPENなどの大会では、レーティング詐称やサンドバッキングが問題になることが多々あります。簡単に言うと、予選にて申請時のレーティングより3以上高い数値を打ったら失格となるルールです。

クラス分けやオートハンデを採用すれば、不正防止の関係上やむを得ない制度ではありますが、このレーティング不備の兼ね合いで考えるとどうでしょうか?

先日(2019/2/17)、DLO京都が開催されましたが、サンドバッキングルールで失格になった方が多かったそうです。しかも、チームレーティングではなく、個人レーティングで判断されたそうです。※細かい判断基準については未確認。

この点に関して、レーティング15以上の方はどうなるのでしょうか?レーティングのMAXは18なのだから、01スタッツ150を打ってもサンドバッキングルールには抵触しません。クリケスタッツで6.0以上打っても同様です。参考までに、01スタッツ150はレーティング約21相当で、クリケスタッツ6.5はレーティング25相当ですよ(笑)

従って、DLO京都では、レーティング10くらいの人を複数集めるよりも、レーティング15以上の人と低レーティングの人が組むのが最適解だった可能性はあります。

もっとも、それはあってはいけないことなので、今後改善して行かないとダメだと思いますけどね(笑)

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
ダーツ雑学
シェアする
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント