【PERFECT】浅田斉吾(あさだせいご)プロ 欠場の理由 5戦出場停止処分

PERFECT2019の首位独走中の浅田斉吾(あさだせいご)プロが、出場停止処分になったというニュースがありました。

出典は、PERFECT公式サイトです。

出場停止処分の内容

PERFECT2019第21山口~第25戦大阪までの出場停止処分

出場停止処分の原因は???

Twitterではだいぶ憶測が飛び交っていたようですが、T-B.TVにて真相が語られておりました。
(もちろん、運営からの直接のコメントではありませんが、かなり事実に近い内容だとは思います。)

【第211回】ダーツチャンネル『T-B.TV』西谷譲二モデルCamacho type2&SRの詳細発表[20190829]

韓国で行われた大会において、TRiNiDAD(トリニダード)のホセ選手との試合にて、相手選手(ホセ選手)に苦情を入れたことが原因のようです。

苦情の内容は、レギュレーション違反(認められている1スローを超えて練習していた)です。

苦情の内容としては至極まっとうな内容ですが、通訳ごしに強く苦情を入れてしまったため、相手方への心象が良くなかったのではないか?というところです。

出場停止によるランキングへの影響は?

今年も首位独走中の浅田斉吾(あさだせいご)プロ。今年は、昨年や一昨年ほど圧倒的な内容とも言えず、ランキングが危ぶまれてるのではないか?との心配もあるようです。

なお、現時点でのランキングおよびポイントは以下です。(2019/8/30時点)

順位 選手名 参戦数 ポイント
1 浅田 斉吾 16 2012
2 山田 勇樹 18 1697
3 鈴木 徹 20 1688
4 大石 藍貴 22 1574
5 鈴木 康太 22 1531

出典:男子ポイントランキング|PERFECT プロソフトダーツトーナメント

しかし、実はPERFECT2019は昨年同様にポイント制限があります。

男子 35大会中、自分が出場した大会のうち、獲得したポイントの高い上位21大会のポイントが年間ランキング対象
ツアー概要 | PERFECT プロソフトダーツトーナメント

このように上位21大会のポイントしか年間ランキングの対象にはなりません。5戦出場停止になったところで、この点差がひっくり返ることはないのではないか?というのが率直な印象です。

今年16戦しか出場していませんが、2000点取得以上取得していますしね。。

ちなみに、昨年はトップが浅田斉吾プロで3290pt。2位が山田勇樹(やまだゆうき)プロで2008pt。差が付きすぎています。。

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
ダーツ関連ニュース
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました