YouTube動画にブログURLを貼ることによる集客効果

正直なところ、YouTubeの集客効果を舐めておりまして、認識を改めましたのでご報告です。

ここ最近、ブロガー界隈でも、YouTubeを始める方が増えております。

当初、文字で表現出来るものを動画にするメリットは何なんだろう?文字よりも制作コストのかかる動画で作成するのは、コスパが合わないのではないのか?と思っておりました。

僕が参考しているブロガーのマナブさんの投稿がそのまんま、答えでしたね。

これ、マジですよ。

RAVOLINKSさんが作成した、畑野千春プロのレッスン動画が2つ公開されておりますが、公開後から畑野千春プロのブログへの流入が伸びました。そして、「畑野千春」で検索する方も、めちゃくちゃ増えました。

動画はこちら>>>

【ダーツ】畑野千春プロが教えるダーツ理論【レッスン】

【ダーツ】畑野千春プロが教える練習法【レッスン】

 

そして、Google Search Consoleの検索結果がこちら(笑)

2018年12月頭付近に検索数が急激にアップしておりますね。

「畑野千春」って誰だ?なんだ?ってなった方も多かったのではないかと推測します。

アクセス解析ツールとして「Google Analytics」も導入しており、僕も閲覧権限を持っております。データを解析してみると驚くべき結果でした。

皆さん、「バズ」るっていう言葉を聞いたことがあると思います?

「バズ」とは、SNSなどに投稿して、いいねやリツイートをたくさんされて、アクセス数が急激に伸びる現象のことです。

僕も、炎上の際に、「バズ」っていうものを経験しましたが、「バズ」っただけでは、収益には繋がりません。1ページ閲覧して離脱したり、記事途中で離脱して滞在時間が短くなったのでは意味がありません。

それを踏まえて発言するのですが、

  • SNSからの流入
  • 検索エンジンからの流入
  • YouTubeからの流入

は、傾向がまったく異なります。

SNSからブログを読んでくれるユーザーは閲覧数が1ページが多いです。おそらく、フォローしていたりして継続的にチェックしてくれているからだと思います。これはこれで重要なのですが。。

それに対して、検索からブログを読んでくれるユーザーは2~3ページ、場合によっては数十ページ読んでくれます。欲しい情報を能動的に調べているからでしょう。

そして、YouTubeからのユーザーは、(今回の例では)何と、平均で7ページありました!!!理由はいまいちわかりません(笑)もしかすると、普段活字を読まないユーザーが増えているのかもしれません。活字を読めないわけではないけど、検索エンジンを使って検索しないユーザー層でしょうか。

YouTubeでバレルインプレッション動画や商品紹介をされている方が多いですが、説明欄にブログへのリンクを貼ると反響がまったく違うと思いますので、是非貼ってみて下さい!

 

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
ブログ論
シェアする
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント