ブログを経由したTwitter⇔FBの情報のやりとり

FBはオワコンじゃない!!!

とある、ダーツ界で影響力のある方々がFBオワコン傾向にある説を流していたので反論です。

TwitterとFBの今後のシェア

専門的な見方をすれば、いくらでも難しく考えることが出来ますが、シンプルな答えを提示しようと思います。

ダーツ業界に限定して言いますが、FBからTwitterへメインの場を移行しているユーザーが多いようです。全体的な流れとしてはそれで間違いありません。

しかし、TwitterはTLの流れが非常に速く、意見の過激なSNSです。「SNS疲れ」という言葉がありますが、Twitterユーザーのほうがそれに陥りやすい気がします。プロの方は、Twitterをほぼ実名で運用されておりますが、その疲労度合いは激しいと思います。。。

いずれにしろ、人気商売をやっている以上、廃れかかっているFBを無視することは出来ません。であれば、いかに簡単に両方使いこなすか?だけを問題にして、しばらく(ここ2~3年)は、両方やるのがベターだと思います。

Twitter/FB/ブログの三つを使う

役割分担

Twitter

オリジナルの意見の発信や情報のやり取り。

ブログ

Twitterのまとめ。議論があった場合は、賛成意見や反対意見などもまじえつつ、補足する。

FB(匿名でやりたい場合はFBページ)

ブログを貼り付け。

武器商人@ダーツ
武器商人@ダーツ

FBは議論をすることを好まない方が多いように見えます。でも、議論に興味が無いわけではないので、Twitterで議論になった情報を欲しがっている方は多数います。

なぜこの役割分担なのか???

FB→Twitter、Twitter→FBなどはダメなのか?あるいは、FB→ブログ→Twitterはダメなのか?ですが、一応合理性はあります。

まず、情報の収集がしやすいのがTwitterだからです。次に、FBやTwitterで公開範囲が変更されたり、投稿が削除された場合の話です。

FBの投稿も埋込出来ますが、ブログを表示した際に投稿内容を生成して表示する形式になります。従って、公開範囲を変更されたり、投稿を削除された場合は、内容は何も無くなります。

Twitterの投稿の埋込は非常に優秀でして、公開範囲が変更されたり、投稿が削除された場合も、通常のテキストの引用文として残ります。

参考までに、僕の鍵垢の投稿の埋込はこうなります。なお、ツイ消し済みです。スクリプトの再埋込みが出来なかったため画像キャプチャとなります。実際にはテキストで表示されます。

FBページの作り方

ざっと見た感じ、上手く説明されているサイトがあったので参照します。

10ステップでわかるFacebook企業ページの作成・運用方法と事例19選 :: 株式会社イノーバ
大きなコストをかけることなく、効果的な集客に繋げられるとして注目されているSNS。今回はその中でも、広告との親和性が高く、担当者にとっても運用しやすいFacebookページの作り方や、その運用方法についてご説明します。

ブログの選び方

一言にブログといっても、様々なブログがあります。

しかし、今回は、使用用途を限定し、Twitterの記事をまとめやすいブログという位置付けにしております。

今現状、アメブロを持っている方が多いようですので、アメブロを利用するのもありだと思います。

アメブロにTwitterを埋め込む方法は、

【 Twitter アメブロ連携 】ツイートをアメブロに表示する
Twitter アメブロ連携 の記事です。今回は、下記のようなイメージでアメブロの記事に任意のツイートを埋め込み・表示させる方法を紹介します。twitterのツイートをアメブロに表示することで、フォロワーアップ・集客アップを図れる可能性があります。

が、わかりやすくて良かったです。

これからブログを始めるという方は、アメブロでも構わないのですが、ある程度、検索エンジン受けが良いはてなブログが良いと思います。

はてなブログにTwitterを埋め込む方法は、

【はてなブログ】twitterを記事に埋め込む備忘録【初級】 - 専業主夫への道。
自分用のMemoとして。 ちょっとググってみたけど、調べるまでもなく、メモるまででもなく、でもせっかくだから画像だけでも残して忘れないように。 最近物忘れが激しくって、なんでもメモをとっておくという習慣は大事ですね。 メモをとったことを忘れて、同じようなメモが並ぶ? ココをこうして ─── パソコンのツイッターの画面で...

がわかりやすくて良かったです。

また、今のところ未知数ですが、今後の可能性に賭けるのであれば、noteは非常に魅力的だと思います。特に、投げ銭は他のブログには無いので、強みだと思います。

noteにTwitterを埋め込む方法は、

note(ノート)のテキストにTwitterの投稿(ツイート)を埋め込む方法。(リプライ付き対応)
note(ノート)のテキストにツイートを埋め込みた!!そんな方は読んでいってください!リプライ付きツイートの埋め込み方も丁寧に説明しました。

が、わかりやすくて良かったです。

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
ブログ/SNS論
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント