鈴木未来(すずきみくる)プロが501ファットブルで9ダーツ

2019/04/20 検索ニーズが多いのでリライトしました!

試合動画

【鈴木 未来 VS 吉羽 咲代子】JAPAN 2018 STAGE 12 北海道 LADIES BEST16

以下、Twitter投稿でダイジェストがありましたのでどうぞ。

JAPAN LADIESの試合形式

01ゲームは、

  • 501
  • Open In/Master Out
  • ファットブル

(ファットブルとは、アウターブル/インナーブルともに50点とする得点ルールのこと。)
で行うとされています。

*JAPAN LADIES(女性のみエントリー可)
①Division2全試合 501-STANDARD CRICKET-501 ベストオブ3LEG(先に2LEGを先取したプレイヤーが勝利)
②Division1全試合 501-STANDARD CRICKET-STANDARD CRICKET-501-CHOICE ベストオブ5LEG(先に3LEGを先取したプレイヤーが勝利)
~省略~
【01ゲーム】
・01ゲームは、Open In/Master Outが採用されるものとします。
~省略~
※なお、JAPAN LADIESではSTAGEの奇数・偶数に関係なくファットブルとします。
大会概要|SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN OFFICIAL WEBSITE

ファットブル501における先行の「圧倒的」優位性

ファットブル501においては、先行が圧倒的に有利です。

ファットブル501の場合、得点効率の一番良いブルから攻めて行くのが定石です。

簡単に数字で示すと、

  • ブル率=70%だとしても、ハット(50×3)率は約35%ほどになります。
  • T20率=30%だとすると、180(T20×3)率は約3%程度となります!

180を出すのが難しい上、外れた場合に期待できる得点の低さを考慮すると、ブルから攻めて行くのが定石中の定石です。

ブルから攻めたとして、パーフェクトゲームは以下の通りとなります。

ラウンド 得点
1 150(BULL-BULL-BULL) 351
2 150(BULL-BULL-BULL) 201
3 150(BULL-BULL-BULL) 51
4 51(T17) 0

ブル率を考慮しても、1本~2本ブルを外しても4R目でフィニッシュする可能性はそこそこ高いです。女子とは言え、トッププロのレベルはそれほど高いのです。

後攻が勝つには???と考えると、先行が4R目でフィニッシュ出来ない場合に、後攻が4R目にフィニッシュするしか無いというゲームです。

このように、先行が圧倒的に有利です。

ファットブル501の9ダーツ

先行がブルパペースで進んだ場合、後攻はほぼ打つ手なしです。

しかし、このゲームでは後攻の鈴木未来選手が後攻9ダーツという荒業を見事に達成しました。

ラウンド 得点
1 150(BULL-BULL-BULL) 351
2 180(T20-T20-T20) 171
3 171(T20-T20-T17) 0

これで、先行が4Rフィニッシュペースだとしても、後攻が3Rフィニッシュでブレイクする一つの目が出ます。

試合振り返り

1R

吉羽 ラウンド 鈴木
150 351 1 150 351

両者互角。もっとも、後攻としては、戦況が不利になっているんですがね。。

2R

先行

吉羽 ラウンド 鈴木
150 351 1 150 351
150 201 2 ??? ???

ブルパペースの吉羽プロ。残りは201と言えど、トップ女子プロレベルとなると、2Rで201はそれなりに高い確率でフィニッシュ可能な数字です。

後攻

吉羽 ラウンド 鈴木
150 351 1 150 351
150 201 2 180 171

この場面で鈴木プロがトライ。

先行の吉羽プロが、ミスる気配がないので、トライに行かないと負けです。

そして見事に180を決め、171と上がり目を出します。

もちろん、180も171も容易な数字ではありません。

しかし、先行にプレッシャーを与えるには充分の180だったと言ってよいでしょう。

3R

吉羽 ラウンド 鈴木
150 351 1 150 351
150 201 2 180 171
72 129 3 171 0

先行の吉羽プロは、2本ブルを外したものの残り129と上がり目を出している。それほど簡単な数字ではありませんが、後攻の鈴木プロとしては上がらないと負けという意識でしょう。

そして、後攻の鈴木プロが見事に171を決めてフィニッシュ。

見事です。

ファットブル501の先行9ダーツはあるか?

吉羽 ラウンド 鈴木
150 351 1 150 351
150 201 2 ??? ???

先行が9ダーツを狙うかどうかの分岐点は2R目しかないでしょう。

しかし、この段階で9ダーツトライに行くという選択は非常にしづらいはずです。

かりにミスって、低得点を出してしまえば、4Rフィニッシュすらも危うくなる可能性もあります。

先行は4Rフィニッシュすれば99.9%勝ちなのですから、確率の高い選択として150を狙う以外は考えられないはずです。

9ダーツを決めた鈴木プロがすごい

逆に言えば、ほぼ勝ち目がなさそうな場面で、後攻9ダーツを決めた鈴木プロがすごい。

9ダーツは、ほんんどお目にかかれないとは思いますが、9ダーツトライによって相手に与えられる影響を考えると、十分にやる価値のあるものだと思います。

本当にビックリする試合でした。

セパブルやファットブルについてわからない方は!

【ダーツ用語】セパブル・ファットブル | ブルから攻めるか?T20から攻めるか?
01ゲームにおいて重要なルールである、セパブルとファットブルについて説明しました。セパブルはアウターブルを25点、インナーブルを50点とするルールです。ターゲットの大きさや得点効率から、攻め方の定石が変わる非常に重要なルールです。
スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
JAPAN
シェアする
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント