【レビュー】CONDOR TIP ULTIMATE(コンドルチップアルティメット )のメリット・デメリット

こんにちは、武器商人です。

あまり万人受けするような内容ではありませんが、個人的に非常に気に入っているCONDOR TIP ULTIMATE(コンドルチップアルティメット)にの魅力について書いてみようと思います。

  • コンドルチップアルティメットの特徴
  • コンドルチップアルティメットのメリット・デメリット
  • コンドルチップアルティメットの使用感
  • コンドルチップアルティメットを愛用する理由

あたりを書いて行きたいと思います。

コンドルチップアルティメットの特徴

ご存じの通り、このめちゃくちゃ長いチップです。

コンドルチップが24.5mmに対し、コンドルチップアルティメットは31mmもあります。その差はなんと6.5mm!!!

コンドルチップアルティメットの発売当初、見た目が長過ぎて食わず嫌いしており、しばらくは試してもみませんでした。

この6.5mmの差が、僕にとっては非常に大きな意味合いを持つことに後から知りました。

コンドルチップアルティメットのメリット・デメリット

メリット

グルーピングに有利

言うまでもなく、チップはバレルよりも圧倒的に細いです。チップの長さが同じだとすると、バレルの先端は細ければ細いほうがグルーピング時に有利になります。

4BA(Acute/Sleek)やNo.5というバレルの形(ネジ形状)を好む人の理由として、グルーピングのアドバンテージを挙げる人も多いです。

これは、チップの長さが同じであればの話です。

しかし、チップが長ければ、実質上先端は細くなりますので、バレルの太さはある程度無視出来ます。

例えば、Harrowsのアサシンというバレルがあります。アサシンは、先端に極端な傾斜(テーパー)があります。通常程度の長さのチップを使用していると、やはりグルーピング時にぶつかり不利だと感じることはあります。

コンドルチップアルティメットを付ければ、このくらいの差が出ます。6.5mmも長いと、こんなにも先端が細くなります。

グリップ時の目安に

特に、スティールダーツをやっている人に多いと思うのですが、長めのチップを好む人が多いです。なぜかというと、グリップが影響していると思います。

僕の場合、薬指をチップの下から支え、ターゲットに向けて角度調整します。その際、どうしてもはやり長めのチップのほうが良いです。

デメリット

お値段が若干割高

単純に太くて長いので材料費がかかるのでしょう。長さのぶん分程度はお値段が割高です。

強度が若干弱い

コンドルチップアルティメットは開発当初から強度に難があったそうです。当たり前と言っては当たり前で、チップは長ければ長いほど折れやすく曲がりやすくなります。

コンドルチップはそれを解消するためにチップの中ほどを太くしたようです。それでもなお、強度的には微妙に弱い気がします。

特に、重めのバレルを使っている人にとっては深刻かも。僕は軽めのバレルを使っているので、実使用上問題ありません。

コンドルチップアルティメットの使用感

刺さりは良くも無く悪くもなくといったところです。ただ、個人的には、この良くも無く悪くもないという適度な刺さりやすさが気に入っています。(あまり強く刺さり過ぎても抜きづらいので)

コンドルチップを選んだ理由

僕がダーツをはじめた当初は、40.0mm程度のショートトルピードバレルを使っておりました。

ところが、ダーツの腕前の上達の過程で、グリップイップスのような状態になりました。短いバレルをグリップすると違和感があり、上手く飛ばせない時期がありました。

その時期、48.0mmほどの長めのストレートバレルに変えたところグリップイップスが解消したのでそのまま使っておりました。

イップスについては個人差もあり、だいぶ感覚的な部分もありますが、僕個人の感覚については以下の記事に詳しく書いたので、興味のある方は読んで下さい。

猫の髭とロングバレル
本投稿は過去記事のリライトですダーツをはじめて半年くらいの頃、なぜか短いバレルを投げることを出来なくなりました。正確に言うと、投げれるんだけど狙えないという、気持悪い状態になりました。時期で言うと、今から1年半くらい前(ダーツ歴...

ただ、僕はストレートバレルを上手く飛ばせるほどの腕は無かったため、ショートトルピードのほうが飛ばしやすいということもわかってきました。

そこで、バレルの長さだけではなく、バレル+チップの長さをトータルセッティングで考えてみれば良いのではないか?と思いつき、そうしてみたところかなりピッタリ来ました。

先ほどと同じ画像になりますが、こちらを見て下さい。

  • 上のバレルが今現在メインで使っているHarrowsのアサシンです。長さは40.0mm
  • 下のバレルが以前使っていたTARGETのVOLTAGEです。長さは48.0mm

先ほど言ったように、チップの長さが6.5mmの差がありますから、40.0mmとちょっと短めのバレルでありながら、長めのバレルをグリップしている感覚になります。(もちろん、飛びのバランスなどは変わらないので、あくまでグリップだけの話です)

皆さんの中にも、短めのバレルに違和感を感じているけど、長めのバレルは上手く飛ばせないという方がいらっしゃいましたら、コンドルチップアルティメットを試しに使ってみて下さい。

きっと、あらたな発見があると思いますよ。

最後に

上記は、僕個人の感想です。

いろいろなセッティングを試してみて、気に入った商品が見付けていくのも楽しみの一つです。その際、どういう理由で選んで、結果どうだったかはメモか何かに残しておいたほうが良いと思います。

「ただ何となく変えてみた」だと、後々セッティング迷子になったりしますので。(僕も、セッティングは何度も行ったり来たりして、迷子になった時期がありましたorz)

関連エントリ

【新商品】硬いコンドル~CONDOR AXE(コンドルアックス)のネジ山が折れやすいとの報告多発 | 無償交換の神対応も
SNS(特にTwitter)をざわざわさせている、CONDOR AXE(コンドルアックス)が壊れました報告。誤解や勘違いも生まれているようなので、事実関係をまとめてみました。CONDOR AXE(コンドルアックス)とは?COND...
【評判】CONDOR(コンドル)フライトのメリット・デメリット | もうダサくないカッコいい商品も多数
コンドルフライトとは? コンドルフライトの形状 コンドルフライトのメリット 外れない 耐久性が高い 弾かれにくい コンドルフライトのデメリット セッティングの選択肢が少ない ダサいと言わることも デザインが少ない スタッキングしない。スティールダーツで使いにくい。
スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
チップ
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント

  1. […] 【レビュー】CONDOR TIP ULTIMATE(コンドルチップアルティメット )のメリット・デメリットこんにちは、武器商人です。あまり万人受けするような内容ではありませんが、個人的に非常に気に […]

タイトルとURLをコピーしました