報道と公報・広告・宣伝の違い

鈴木未来選手の試合の結果についてのツイートを見ていて思ったことを書きます。

試合結果が喜ばしいことであるのはわかりますが、「ダーツを広めるため」という名目のもと、過剰な宣伝を行っているように見えたので覚書として書いておきます。

報道と広告の違いって何でしょうか?

報道とは、

新聞・ラジオ・テレビなどを通して、社会の出来事などを広く一般に知らせること。また、その知らせ。ニュース。「報道の自由」
報道(ほうどう)の意味 – goo国語辞書

広告とは、

商業上の目的で、商品やサービス、事業などの情報を積極的に世間に広く宣伝すること。また、そのための文書や放送など。「広告を載せる」「新製品を広告する」「募集広告」
広告(こうこく)の意味 – goo国語辞書

です。

辞書によっては説明がまったく同じで違いがわかりづらいです。

大きな違いは、

報道とは、情報の受け手が知りたがっている情報を伝える行為です。広告とは情報の発信側が伝えたがっている情報を伝える行為です。

鈴木未来選手の試合結果やダーツの素晴らしさを知って欲しいという気持ちはわかりますが、情報の受け手が望んでいない情報を過剰に伝える行為は、宣伝にしか見えません。

過剰な宣伝は、間違いなく印象を低下させます。

また、自分の試合結果を持ち出して宣伝する行為は、自己PRとして認められる余地はありますでしょう。しかし、他人の試合結果をもってして、宣伝をしようとしているように見える行為も多々あります。ここは注意しなければならない点だと思います。

今この投稿をしている時点で、鈴木未来選手は決勝を残しており、結果は決まっておりません。本人は、まだ試合の勝敗に集中しております。その段階で、各報道機関に宣伝してくれと情報を発信するような行為は、ちょっと行き過ぎているような気がしてなりません。

鈴木未来選手は、優勝して、結果をもってして伝えようとしていると思います。

 

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
シェアする
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント