プロ家投げヤー(自称)になりました【みなさまに読んで欲しい】

実は最近、体調がすこぶる悪く、外投げに行けておりませんorz

原因は昨年末あたりにかかった帯状疱疹の後の神経痛です。とにかく痛い。痛いので神経痛の薬を飲みます。そすると、めちゃくちゃ眠くなる。でも、飲まないと満足に睡眠もとれない。

そういう事情もあり、以下のような投稿をしました。たくさんの方に心配していただき僕は幸せです。

さて、かといって、不平不満ばかり言っていてもはじまりません。

ダーツは老若男女が楽しめるスポーツと言うじゃないですか?仮にも老人まではまだ行かない若者の自分がプレイ出来ないというのはおかしな話です。

バリバリのプロスポーツ選手になれないまでも、充分に楽しめる手段は何かあるはずだ。

以前より、家投げについていろいろと考えておりました。僕は、体調やメンタルが荒波のように不安定で、外投げに行くのはあまり好きではありません。長期的な計画を立てること自体、大きなストレスになります。

じゃぁ、家投げで楽しめれば良いんじゃない?と思ったわけです。

ちょっと前から、スカイプなどのグループチャットをしながらオンラインで飲み会をする人が増えたとのことです。

参考:プチ流行中の「オンライン飲み会」って楽しいの? 編集部メンバーで検証してみた|新R25 – 20代ビジネスパーソンのバイブル

オンライン投げ会なんてのもありじゃないの?と。

そして、考え付いたのが以下です。

Twitterで有名なプロ奢られヤーさんをまねて、プロ家投げヤーという名前にしてみました(笑)

実際、ためしにやってみたところ、ツイキャスでコラボ配信しながら、グランボードでオンライン対戦をするということは、けっこう楽しいです。

自宅に居ながら熱い対戦をできました。

今後の課題は多いまでも、楽しくダーツをするひとつのあり方として、アリなんじゃないか?と思います。

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント

  1. takafumi より:

    おはようございます。
    メンタルの記事でもコメントさせていただいたのですが、
    「プロ家投げヤー」のタイトルが気になって、
    こちらの記事も拝読しております。
    神経痛、薬でなんとか改善することを願っています。
    また訪問させていただきます。

    • takafumiさん

      お気遣いありがとうございます。

      もともと趣味ではじめたダーツですので、無理せず楽しく続けていきたいと思います。
      もちろん、不調ながらも技術を上達させる方法は常に考えております。

      若くなくて体調の良くない今のほうが、ずっと真剣に打ち込んでいるような気がします。

タイトルとURLをコピーしました