個人のブランディングの大切さについて

個人のブランディングの大切さについて語りたいと思います。

3dman_eu / Pixabay

当記事は以下について書いております。

武器商人について

この記事を書いている私は「武器商人」という名前で活動しており、ダーツ界では「武器商人さん」「武器さん」で通っております。

もともと僕は、ブログの検索エンジン対策の事業をやっておりました。

ひと昔前は、専門的なテクニックを使ってgoogleの上位に表示させることが可能でした。それが段々とエスカレートしていき、機械的で読む価値の無いつまらないコンテンツが大量生産されることとなりました。

今では専門的なテクニックが通じなくなってきていて、やり方を変えざるを得なくなりました。

そこが「武器商人」と名乗ってやっていくことになったので経緯だったりします。

googleなどの検索エンジンの評価基準に変化について

googleは、徹底的に読者目線に立っています。読者にとって有益なコンテンツを上位に表示させる仕組みを常に考えています。その結果、テクニックばかりで読者に読まれないコンテンツは上位に表示されづらくなっています。

Yahoo!JAPANも内部的にはgoogleの検索エンジンを使っているため、日本の検索エンジンシェアはほぼgoogleだと考えてOKです。

今後もその傾向は続くでしょう。

では、読者にとって有益なコンテンツとはどんなものでしょうか?googleはあくまでもロボットです。文章の良し悪しを直接判断することは出来ません。

わかりやすいところで言うと以下のような基準を用いていると思われます。

  • 記事を読んだ時間
  • サイト内での行動(何ページも読んだり紹介されているリンクへ遷移するなど)
  • twitterやFBなどで拡散されている

武器商人と名乗り積極的に露出するようになった理由

僕が「武器商人@ダーツのブログ」(旧ブログのほうです)を書き始めたのは2年前くらいです。

当時の僕は、検索エンジン対策の個人事業を既に廃業しており、数年のブランクがありました。

それにも関わらず、昔ながらのテクニックを駆使し、ある程度はgoogleから高い評価は得ようとしました。一応、それなりの評価は得られたのですが、いまいち成長に欠けるという違和感を感じておりました。広告収入もいまいち伸びませんでしたし。。。

その原因の一つとして、あまりじっくりと読まれていないからだったと分析しました。じっくりと読まれていないということは、googleからの評価も高くなりづらいことを意味します。

ダーツブログは面白いもので、まったく同じことを書いても書き手が誰かによって読まれ方がまったく異なります。

例えば、無名の僕が「〇〇という商品」についてどんなに素晴らしいセールスライティングをしたところで、売れないときは売れません。逆に、有名なプロが「〇〇という商品は良いよ」とTwitterでちょっとつぶやいただけで売れる。商品の良し悪しは二の次です。

そういう時代になったのだとすぐにわかりました。

そのあたりから、僕は「武器商人」という名前を名乗り、積極的にTwitterで投稿をしたり、フォロワーと交流を取ったりするようになりました。最近では、ツイキャスという配信アプリを使用し、実際にお話したりしております。

その間、ブログをサボっていたのですが、読者は増えましたし、じっくりと記事を読んでくれる方も増えました。今の時代に求められているのは、無機質な情報ではなく、特定の個人の感想などを含めた生の情報なんだなと思います。

今後もその傾向が強くなることはあっても弱くなることは無いでしょう。

個人のブランディングをしましょう!

だからこそ、個人のブランディングって非常に大事だと思うんです。ブランディングというと、難しい印象を持たれるかもしれません。

しかし、シンプルに考えて良いと思います。簡単に言うと、「名前を覚えてもうらこと」と「良い印象を持ってもらうこと」だけです。

検索して上位に表示された情報が読まれるのも事実ですが、〇〇という人のブログに書いてあったという書き手が重視されるのも事実です。だからこそ、書き手がブランディングすることは非常に重要なんです。

そして、100人いたら100人に良い印象を持ってもらう必要はありません。そのためのインターネットです。インターネットに発信するということは、何億人に対して情報を発信するということに他なりません。

たとえ、身近な人10000人の内、9999人に嫌われたってかまわんのです。1人に良い印象を持ってもらえば良いんです。。さらにいえば、9999人に嫌われるなんて、ありえません。たいていは、2~3人に嫌われる程度で、その他大多数の人は、関心すら持たないです。

ブランディングは、そういった少数のニーズに働きかける際の名札みたいなものだと思っています。例えば、僕の場合は「武器商人」という名札を付けているからこそ、大会などで会った際に気付いてもらえる確率が上がったという風にです。

そこを踏まえた上で、自分に良い印象を持っているその人のために文章を書いていけば、自然と読まれるんじゃないでしょうかね?ということです。

幸いなことに、僕のブログは毎日300人くらいに読んでもらえています。日本人の人口が1億2千万弱ですから、上記の数字は誇張ではないとわかると思います。

おすすめのブログ記事と書籍

最後に、僕が参考にしているブロガーの「かん吉」さんの記事と書籍を貼っておきます。「個人ブログ」という概念についてはすごく参考になりますよ。

雑記ブログより「個人ブログ」を目指しません?
ブログの形態は、大きく分けて2つあると考えています。 テーマを絞った「テーマ特化ブログ」 テーマを絞らない「雑記ブログ」実際には、お互いを程よくミックスしています。なんとなくこの「雑記ブログ」というネーミングに違和感がありました。「雑記……

以下は、AmazonのKindle Unlimited読み放題対象なので、0円で読めてお得ですよ!!!(お試し会員のようなものもあります)

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
ブログ論
シェアする
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント