PERFECT男子PPT(2018年終了時点)

淡々と計算します(笑)

PPTについて

以下をご参照下さい。

PERFECT PPT(ポイントパートーナメント)
PPTとは?以前のブログで人気だったため当ブログでも再度やってみようと思います。PERFECTのポイントランキングを元に、僕が勝手に作っているランキングです。 P=Point P=Per T=Tourna...

ポイントが上位の10選手

順位 選手名 参戦数 ポイント PPT
1 浅田 斉吾 25 3290 131.6
2 山田 勇樹 26 2008 77.2
3 知野 真澄 25 1968 78.7
4 西谷 譲二 29 1597 55.1
5 鈴木 徹 28 1593 56.9
6 鈴木 康太 26 1302 50.1
7 大石 藍貴 29 1154 39.8
8 西 哲平 21 1139 54.2
9 坐間 達哉 25 1120 44.8
10 吉野 洋幸 29 1098 37.9

もはや、Seigo Asadaに死角は無しなのか?優勝経験者がズラリと並ぶトップ10においても、他の追随を許さぬほどの数字。

PDCでも世界のトップランカー相手に善戦する姿を見ておりますが、国内では全勝ではないものの、レベル感の違いを感じさせます。

PPTが上位の10選手

順位 選手名 参戦数 ポイント PPT
1 浅田 斉吾 25 3290 131.6
37 佐竹 上仰 6 697 116.2
3 知野 真澄 25 1968 78.7
2 山田 勇樹 26 2008 77.2
531 常賀 広樹 1 65 65.0
533 仲村 晃 1 65 65.0
30 上原 裕明 14 805 57.5
5 鈴木 徹 28 1593 56.9
4 西谷 譲二 29 1597 55.1
8 西 哲平 21 1139 54.2

得点の取り上げ方に、責任は持ちませんのであしからず。

ほぼ全戦参加の選手とスポット参戦の選手では、この数値には偏りが出ます。現状PT100もPT300も、参加人数に差はあれど、参加者はほぼ同じ顔触れです。従って、PT200、PT300中心に参戦している方のほうが数字が高めに出ます。

とは、いいつつ、スポット参戦で結果を出している方もすごいですけどね!

さて、最終戦で初優勝を飾った佐竹上仰(さたけあおぐ)選手が2位に!!!詳しくは別記事に書きますが、佐竹選手の成績と安定度はズバ抜けております。まだバレルスポンサーが付いていないようですが、来年以降全戦参加してくるとすれば、ものすごい活躍が予想されます。目が離せません。

出典

PERFECTランキング|PERFECT プロソフトダーツトーナメント
プロソフトダーツトーナメント「PERFECT」オフィシャルサイト
スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
PERFECT
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました