大川周明と石原莞爾の所蔵資料を求めて・・・ | 市役所中町庁舎5階(酒田市中町一丁目4番10号)の光丘文庫(中町分館)

ダーツとは直接関係の無い話ですが、山形県酒田市へ行く用事があり、ついでといえばついでなので寄って来ました。

大川周明(酒田市出身)と、石原莞爾(お隣の鶴岡市出身)の所蔵資料が市役所中町庁舎5階(酒田市中町一丁目4番10号)の中町分館にあるので覗いてきたというわけです。

もともとは、光丘文庫に保管されていたようですが、施設の老朽化など?により移転したとこと。酒田市立光丘文庫所蔵資料の移転について:酒田市公式ウェブサイト

ちなみに、僕は学術研究をしているわけではなく、単なる個人の趣味としてやっています。

大川周明とは?石原莞爾とは?

人物の細かい説明はwikipediaなどに任せますw

僕なりの歴史観で簡単に説明します。

大川周明は民間人で唯一、A級戦犯に指名された人です。

この人は何者か?というと思想家です。

「日本二千六百年史」という書籍を出版しベストセラーになっております。(発禁されたほど物議を醸した書籍)

created by Rinker
¥1,210 (2019/11/15 00:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

今でもそうですが、たいていの歴史書を西洋を主人公として書かれております。この書籍は、日本を中心に歴史を構築したものです。西暦ではなく皇歴で記載しているところからもそれが伺えますね。(西暦1940年は皇歴2600年にあたります。)
ちなみに、大川周明は、東京裁判において東条英樹の頭を引っ叩いたことでも有名。

石原莞爾は、軍人でありながら軍事思想家としても知られており、自身の思想を元に満州事変を起こした首謀者です。「世界最終戦争論」という書籍に、彼の思想が完結にまとめられております。

created by Rinker
¥607 (2019/11/15 00:08:05時点 Amazon調べ-詳細)

彼も東条英樹とは非常に仲が悪く、戦争には反対であったためA級戦犯指定を免れたらしいです。

大川周明と石原莞爾は、出身地もさることながら(むしろ出身地が近いことは関係がある?)、思想的も政治的な立ち位置についても、非常に近い立場にあったと見えます。

市役所中町庁舎5階(酒田市中町一丁目4番10号)へ

ご注意ですが、市役所からはちょっと離れていて歩いて5分くらいです。ハローワーク酒田を目指していったほうが良いです。

近くに駐車場もあります。

所蔵資料の探し方

受付けの人に聞けば丁寧に教えてくれます。ちなみに、僕は所蔵資料を探したことなどまったくないので、テンパりました。

まず、閲覧スペースに入り、誰の書籍を読みたいのかを目録から探します。目録とは、書籍名や管理番号などが書いてあるものですが、これだけでもかなりの分量があります。要約なども書いていないので、書籍名だけではいまいちピンと来ません。予め調べておいたほうがスムーズに探せるかと思います。また、目録は、当市役所で購入も可能です。
参考)酒田市立光丘文庫:酒田市公式ウェブサイト

所蔵資料を読むには、館内閲覧申込書を記入し、受付の人に渡せば指定した書籍を持ってきてくれます。

次に、複写や写真撮影についてです。撮影自体は資料等撮影申込書を提出すれば撮影可能です。

しかし、撮影した画像を書籍やウェブサイトに公開してい良いのか?というと、率直に言うと、なかなか厳しいです。

資料撮影は、学術研究上の目的、書籍等の刊行、個人的利用のために使用する場合のみ認めております。
所蔵資料の画像使用については、「画像使用承認申請書」または「古文書資料掲載承認申請書」による申請が必要となります。
酒田市立光丘文庫:酒田市公式ウェブサイト

お役所的と言ってしまえばそれまでなのですが、使用目的などを聞かれました。「個人の趣味でやっているブログに掲載したい」というと却下されましたorz

いまどき、目録もウェブに公開しておらず、使用目的もほぼ学術研究用途に制限されるなど、不便なものだなぁと感じました。

館内の写真を撮って良いかの承諾を得ようとしましたが、「遠目に撮影するくらいなら構いません。」と微妙な回答を貰いました(笑)

撮影した写真は以下の石原莞爾文庫です。(所蔵資料のごく一部のみ、他の書籍は別の場所に保管されています)。背表紙が外国語で書かれていてパッと見ただけでは何もわかりませんでした(笑)

世界最終戦争論を読んできました

館内閲覧申込書と資料等撮影申込書を提出し、閲覧しつつ撮影してきました。ブログへの画像掲載はNGということでしたので断念します。

世界最終戦争論第一改訂版(立命館出版部発行)というものを拝読。

この書籍自体は復刻版を読んでいたので特に目新しいものはないかと思っていたのですが、違いました。やはり、読んでみて良かったですw

表紙に、「陸軍中将石原莞爾述」とデカデカと書いてあります。陸軍は、国の行政機関なので、簡単に言えば公務員です。公務員が、自分の肩書で堂々と書籍を出版していた事実に驚かされました。

書籍の内容は特に目新しいところはありませんでした。

巻末は、すさまじかったです(笑)

文庫の巻末を読むと、類似書籍が載っていますよね?当書籍にも載っていました。

  • 満州建国と支那事変
  • 東亜連盟建設要綱
  • 日本と国際主義
  • 欧州大動乱と東亜連盟
  • 世界政局と東亜新秩序

と、ヨダレが出そうな書籍名がズラリと並んでいます。当時の情勢が垣間見えます。

そして、東亜連盟協会要項や入会申込書がありました。事務所の住所や電話番号も書いてあります。今風の言葉で言えば、広告や宣伝ですかね?

当時は、当然のごとくインターネットやテレビなどありませんでしたから、書籍を通じて意見や考えを公開し、組織へ勧誘することによって、仲間を増やして行ったのだなと、なんとなく伝わってきました。

さいごに

所蔵資料の閲覧の仕方はだいたいわかったので、もうちょっと下調べをしてからまた酒田市へ行こうかと思います。

個人的な願望としては、目録などをインターネットで公開し、より開かれたモノにして欲しいなというところです。

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント

  1. takafumi より:

    こんにちは。
    東条英樹の頭を叩いた大川周明に興味を持ちました。
    武器商人@ダーツさんは戦時中の日本に関心がおありなのですね。
    「書籍を通じて意見や考えを公開し、組織へ勧誘・・」
    だから当時は社会主義の本を持っているだけで
    憲兵に逮捕されたというのも頷けます。
    光丘文庫は特別な場所なのですね。

タイトルとURLをコピーしました