ids in 仙台 チャレンジマッチ 田之口香織プロ 2018年7月19日

はじめに

僕自身、今回で5,6回目の参加となるidsチャレンジマッチに参加してきました~。

今回の投稿は珍しく、、、真面目なダーツの話だけにしようと思います。(たぶんw)

田之口香織(たのくちかおり)プロについて

PERFECTの大会では何度か見かけているのですが、お話したのは今回がはじめてです。

ランキング
  • 2017年PERFECT女子年間ランキング15位
  • 2016年PERFECT女子年間ランキング19位
主な戦績
  • PERFECT2017第5戦 石川大会 5位タイ
  • PERFECT2017第14戦 横浜大会 5位タイ

出典:

アイ・カフェダーツスクール|インターネットカフェ・漫画喫茶なら【アイカフェ】
アイ・カフェダーツスクール-インターネッ&#12488...

と、ちょいちょい上位に絡んでくる選手です。

2018年は現時点で年間ランキング49位と低めに出ていますが、参戦数が明らかに少なくなった結果だと思います。

最近ガチで勝ちにいっているチャレマ

オートハンデを付けるか???

チャレマは、トッププロの方と対戦出来る貴重な機会です。

ソフトダーツならではの「オートハンデ」を付けて、勝つチャンスを高めるのもひとつの考え方なんですが、僕はノーハンデで対戦するように方針を変更しました。

理由は、、、

  • オートハンデを付けると削りのテンションが上がらない。(結果、ノーブルとかよくやる)
  • オートハンデがあまり付かなくなってきたのでいっそのこと。
  • ノーハンデで勝っている人を見て羨ましいと思った。

ってところです。

ガチで勝ちに行っています。

ここ最近のチャレマ結果

ノーハンデで対戦したもののみ記載します。

森田真結子(もりたまゆこ)プロ

501を288残したところを上がられる。もはや全然削れていない(笑)

詳細は過去エントリにて。

池由麻(いけゆま)プロ

これまた酷いスタッツを打って撃沈。こちらも立ち上がりが悪くてまともに削れないうちに上がられてしまいました。

池由麻(いけゆま) vs 武器商人

詳細は過去エントリにて。

木村了(きむらりょう)プロと鬼練

正直なところ、01で上がり目すら出せずに負けるということは、悔しいorz

ってことで、アイ・カフェいつメンの了さんと、会うたびに7レグメドレー(501-501-Cri-Cri-501-Cri-Cho)を3回ずつくらいやるのを練習メニューにして鬼練していました。

僕のPPDが24で、了さんが30くらい。

01だけに限れば、ここ数週間で60レグくらい対戦してもらえたと思います。

結果は、、、5勝55敗(笑)

上がりに弱い傾向があるのは自覚しているんですが、、、本当の意味でそこを鍛えるには対人戦しかないと思っています。

同じナンバーを打つにしろ、練習で打つのと、必死に削ってやっと上がり目を打てる場面とでは全然違うんですね。なかなか上がり目を打たせてもらえないからこそ、削りのモチベーションも上がるんで、対人戦で得るものは大きいと思います。

田之口香織(たのくちかおり)プロとの対戦結果

1戦目(501)

田之口香織 vs 武器商人 @ idsC

田之口香織 vs 武器商人 @ idsC

削りはかなり良かったほうだと思います。

5R目で104レフトでした。

54(T18)→50で上がろうとしたのですが、お決まりでS4に入って100レフト。2投目にブルに入ったので、50レフト。

ブルに決まれば勝ちだったのですが、、、ブル率30%弱の自分では外すのも当たり前にあります。14シングルに入って、36レフト。僕の好きな36(笑)

6R目はご覧のようにMiss×3。D18から数ビットずれたアウトボードに3本グルーピングしました。

7R目は、まるでダメ。D18狙って1に入るときは、良くない傾向にあります。完全に置きに行ってリリースが早いときにこうなりやすい。35レフト。2本目はS3&S19あたりをボーっと狙って、32になっても16になっても良いように投げました。結果、19に入り16レフト。

最後の一投は、S16のど真ん中狙ってS7へorz

完全に引っ掛けました。

削りは良かったけど上がりがダメダメでした。50レフトを7本使って上がれなければそれはダメだよな~と反省。

2戦目(501)

2戦目は、01とCriをどちらを選んでも良いことになっていたのですが、あえて01を選びました。理由は、1戦目で情けないゲームをしたからですかね^^;

田之口香織 vs 武器商人 @ idsC

田之口香織 vs 武器商人 @ idsC

2戦目も先行をいただきました。

2R目にノーブルをやっているので、削りは若干甘かったですが、先行だったので先にテンパイしました。

6R目は110レフト。T60狙ってS20に入り、90レフト。素直にブルに行って決まり、40レフト。D20はかなり好きなナンバーなので、行けると思ったのですが、ここも上目に外してMiss!

次のラウンドは巡って来ずorz。

あまり記憶が定かではないのですが、田之口プロの7R目の数字もあまり良くなかったと記憶があります。トリプルを絡めないと上がりづらい数字だったような。

キッチリ1ラウンドで上がられて負けましたorz

やはりプロは強い

圧倒的に、経験値の差かなと思います。

先日、PERFECTの大会を観戦しに行ったのですが、女子のロビンの試合フォーマットは701-701-CHです。先行をキープしないと普通に負けるにも関わらず、上がりにもたついていると、すぐに後攻にブレイクされる展開を多々見ました。

ここの差かな、、と思っています。

あるいは、ステテコがまずかったかな?(笑)

 

武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
スポンサーリンク
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント