著作権法が非親告罪化されたのでマンガルーの使用をお勧めする

突然ですが皆さん著作権守っていますか?

2018/12/30から著作権法が非親告罪化されました。

OpenIcons / Pixabay

めちゃくちゃ簡単に説明します。

著作権について?

著作権とは

英語で言うと「copy right」と言います。要するに、コピー(複製)する権利です。

例えば、僕のブログの文章を丸々コピーして他のブログなどに転載したら、著作権侵害です。

以前、僕のブログの内容が多少パクられたことがあります。しかし、僕は何も言いませんでした。なぜなら、特にそれほどオリジナリティのある文章ではありませんでしたし、揉め事を避けたかったからです。

仮に公訴を求めても、時間ばかりかかって得るものは少ないです。なので、著作権関連のトラブルは、よほど大きなことをやらん限りは、野放しになっていたのが実態です。

著作権が親告罪から非親告罪へ

この例で言うと、2018/12/29までは、僕が著作権侵害を訴えない限り、権利侵害者は刑事処罰を受けることはありませんでした。

ところが、2018/12/30に非親告罪化規定が施行されました。

どういうことかを言いますと、僕が著作権侵害を訴えなくとも、第三者あるいは検察の判断によって訴えが提起され、刑事責任を問われるリスクがあるということです。多少むちゃくちゃな点もあるということで批判もありますが、素直に従っておいた方が良いでしょう。

参考URL>>>日本の著作権法における非親告罪化 – Wikipedia

著作権侵害にならないためには

権利者に無断でコピーしない。

ごく当たり前のことですね。しかし、ダーツ業界では普通に行われいたりします。

  • 他人の撮影した動画をコピーしておりませんか?
  • 漫画のコンテンツのスクショを掲載しておりませんか?
  • 他人の文章をコピーしていませんか?
  • 他人のツイートをパクってませんか?

ルールを守って引用する。

とは言いつつ、僕も他者の文章をコピーしております。著作権法で認められる「引用」という方法です。

参考URL>>>引用 – Wikipedia

マンガルーについて

白状します。僕は、漫画のスクショを無断で掲載しておりました!!!

立派な著作権侵害です。しかし、権利者の利益を侵害する可能性は極めて少ないと思っておりましたので、確信犯的にやっておりました。漫画家大先生が、僕のような弱小ブログを相手にするとも思いませんでしたので。

今後は、しっかりやって行こうと思います。

今まで、パクった漫画の作者様には、謝罪申し上げます。

↑マンガルーを使っております。

マンガルーとは、著作権問題をクリアした漫画を集めたサイトです。HTML形式で出力し、ブログなどに使えます。これ、非常に便利です。

是非使ってみて下さい。

マンガルー - 有名マンガのコマをWebサイト、ブログ、SNSで使える無料Webサービス
マンガルー - 有名マンガのコマをWebサイト、ブログ、SNSで使える無料Webサービス

 

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
ブログ/SNS論
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント