アスリートバリューを提唱していた五勝出拳一(ごかつでけんいち)さんとダーツ界の要人のその後は?

昨年の11月頃、ダーツ業界でSNS講座なるものが話題になりました。

SNS講座の写真が以下に掲載されております。

まよんぬ、なつみく、ひぐひぐさんは相変わらずというか、以前からSNSを駆使していらっしゃったので、特筆すべき点はありません。

吉田君は、映像クリエイターになると宣言されておりましたね。SNSの使い方の進化は見られますが、SNS講座で得たものか?と言われるとそこまでは判断出来ません。僕とは面識もありますので、応援したいという気持ちもあります。頑張って欲しいです。

その後の五勝出さんの投稿を見たことがある方はいらっしゃいますか?

ダーツ業界とは絡みが少ないように見えます。

個人的には、五勝出さんの提唱するアスリートバリューには賛同している。しかし、五勝出さんの提唱している内容って、(サッカーのように)競技によってある程度食べていける環境にあるスポーツにおいて、現役中にアスリートとしての価値を高めようなんだと思います。

ダーツはむしろ逆です。バリューが無いと全国ツアーさえ回れない。ある程度強くても、イベントに読んで貰えるような商品価値が無ければ、食っていくのは厳しい業界だと感じます。

つい先日、ダーツ界では古株で実績のある竹山大輔選手がPERFECTに参戦するとの情報がありました。PERFECTの重鎮のブログによれば、以下とのこと。

パーフェクトでないのって聞くと 今は稼げる力に至ってないから出ませんって言ってましたが 参戦してきたと言うことは 稼げる力を付けて来たと言うか 昔のダーツが戻って来たという事でしょうね
リトル サムライ | F社長の『直感力』

竹山選手に限らず、興行的な部分で成功を収めつつ、経済的な体力をつけてからでないと、競技に専念出来るだけの環境すらないのが現状ではないか?

そういう意味でいうと、五勝出さんの提唱するアスリートバリューは、ダーツ業界という点ではマッチしないように思える。

むしろ、まよんぬなんかは、既にビジネスで必要とされる程度のバリューは持っていると言っても良い。競技者としてはまだ実績を残していないが、成績も徐々に上げている。

 

 

スポンサーリンク
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
シェアする
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント