ブログのタイトルの付け方

様々なブログを読んでいるとタイトルの付け方がもったいないと思うことが多々あります。

タイトルは検索エンジン対策において非常に重要になるのでしっかりと付けたほうが後々良いです。

僕は、SEO(検索エンジン最適化)をメインに個人事業をやっていたことがあります。今は、SEOを応用し、ビジネスに適用させるほうに興味がシフトしたので、メインではやっておりません。

畑野千春さんのブログのSEOなどもちょっとお手伝いしております。

検索した際に僕の投稿した記事を見かけることが多いかと思います。

タイトルを付けるポイント

キーワードを意識しろとしか言えません。これがすべてです。

具体例を挙げたほうがわかりやすいと思いますので、以下に記載します。

タイトルのダメな付け方と直し方

例1)ダーツの上達のポイントは?

こういうタイトルを付ける方は、タイトルで気を引いて読んで欲しいんだと思います。

タイトルを導入文として使うのは止めましょう。気を引きたい場合は、SNSに記事リンクを貼って、誘導させるほうが良いです。

思い切って、上達のポイントをタイトルに入れちゃいましょう。

こうしておけば、次回以降、

「ダーツの上達のポイントは体幹トレーニング」

などの別トピックに話を持っていくのも楽です。

例2)ダーツの練習方法

次に、「ダーツ 練習方法」のようなビッグワード(抽象的なワード)は上位表示の難易度が高いです。もうすこし具体的なワードにすると良いです。

例えば、

「カウントアップ700点を超えるために行った練習方法」

など。

例3)バレルの重さ

特にダメということは無いんですが、やはりビッグワード(抽象的なワード)過ぎます。

ちょっとしたポイントですが、「メリット・デメリット」や「重い・軽い」など、対立したワードを入れると良いです。

そうしておけば、

  • 「バレル 軽い」
  • 「バレル 重い」

などでも検索にヒットしますし、

  • 「軽いバレル メリット」
  • 「重いバレル デメリット」

などの複合キーワードにもヒットします。

参考までに、以下の投稿は、記事単体で9000pvを超えました。

個人名とブランディングについて

先ほど、抽象的/具体的という話をしましたが、一番具体的なキーワードで何でしょうか?

ダーツにおいては、個人名だと思います。ちょっと注意が必要なのは、名前は人によって有利不利があるんです。

例えば、畑野千春さん。あまり同姓同名が居ないと思います。こういった名前の方は、個人名そのままキーワードになります。ブログ名も「畑野千春の~」で一発で差別化出来ます。

では、架空の話ですが、鈴木徹さんがブログをやる場合はどうでしょう?たぶん、、、ニックネームでやったうが良いと思います。

僕の調べた範囲、上手く付けたなという印象を持っているのは以下です。

  • 森田真結子=まよんぬ
  • 小林知紗=コバヤシチサ
  • 近藤麻由=近藤まゆゆゆ

赤背景でマーカーを付けた部分に注目です。それほど同姓同名が多いとは思いませんが、漢字変換候補に一発で出て来ません。そういう方はニックネームを使うと便利です。ひらがなやカタカナのニックネームは上手く使うと便利ですよ。

造語でブランディング

僕が、一番感心したのは、「北川景子式カウントアップ」ですね。

今でも、検索される方は多いです。

何より、北川景子という名前がインパクトがある。そして、実際に北川 良太 @Unison(@ryotadarts)さん | Twitterは、すごく上手い人ですからね。

これ、僕も真似てみました。

かといって、「武器商人式カウントアップ」なんていう名前にしても流行るわけがないです。

武器商人@ダーツ
武器商人@ダーツ

僕なんて、人生で一度だけAフラに行っただけで、たいして上手くないですからね(笑)

ってことで、畑野千春さんにやってもらうことに。(投稿を執筆したのは僕ですが)

今のところ、畑野千春式ってところで、以下3つで1万pvくらいありますかね。

Twitterでもバズりましたし、はてぶのホッとエントリでも取り上げられたほとです。

 

武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
ブログ/SNS論
スポンサーリンク
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント