ダーツで必要とされるコミュニケーションについて

ダーツはいろいろな人と接するので、コミュニケーションが必要なのは間違いないです。

しかし、競技中、特にスローラインに入った後は、コミュニケーションは不要です。そこが特徴的ですよね。

例えば、サッカーなどとは明確に異なります。指示を出したり受けたり、他のプレイヤーの行動を予測したりという行為が高度に要求されます。

したがって、コミュニケーションが苦手な人、例えば発達障害の人などにも向いているスポーツだと思うんですよね。僕がそうなんですけどw

武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
スポンサーリンク
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント