武器商人@ダーツのSNS講座 | Twitterの複数アカウント運用(質垢と量垢)

先日の投稿が20Like超えたら続編を書くと約束しておりましたが、あっという間に超えました。
約束通り続編を書きます。

今回は、ダーツの練習でも話題になった「量」と「質」の話。

話題のネタにはとことん乗って行くスタイルです(笑)

量アカウントと質アカウントの定義

議論の出発点を間違うと大変なことになるので定義します。

  • 量=投稿数&投稿頻度
  • 質=1投稿あたりのRT/Like

僕も、

  • 量アカウント=武器商人@ダーツ(@bukidarts)
  • 質アカウント=武器商人@ダーツのブログ(@BukiDartsBot)

の2つを運用しております。

量と質のどちらを優先するべきか?

これは考えるまでも無く、どちらも必須です。

しかし、当たり前のように、量を意識すれば質は下がりますし、質を意識すれば量をこなせません。

もっとも、それは人間の身体という物理的な制約がある場合の話であって、ネットの世界では気にする必要はないです。

ズバリ、量アカウントと質アカウントに別ければ良いのです。

有名な方も、

  • メインアカウントとまとめアカウント
  • 会社アカウントと個人アカウント

など分けている方も多いですよね。

ダーツのプロなら、ダーツプロアカウントと個人アカウントと分けてもいいかもしれません。

卑怯臭いと思われるかもしれませんが、組織を分けるということは実社会でも当たり前に行われます。

例えば、新規事業をはじめる際に、新規法人を設立するなど。

量アカウントと質アカウントの役割

量アカウント

  • たくさんツイートする
  • たくさんフォローする
  • フォロワーと交流する
  • ツイートを引用したりサイトURLを紹介する
  • 際どいネタに挑戦する
  • 質アカウントのツイートをRT(リツイートする)※初動が悪いとき

質アカウント

  • 量アカウントで反響の良かったネタのみを多少改良してツイートする
  • RT/Likeをくれるなど反響の良いアカウントのみフォローする
  • 予想に反して反響の無かったツイートは削除(ツイ消し)する

量アカウントと質アカウントを別けるメリット・デメリット

メリット

  • (量アカウントで)自由に大胆に挑戦できる
  • (質アカウントの)ツイートの反響を高めるために、自作自演RT(リツイートする)を出来る。
  • リスクを分散出来る。例え炎上しても、別垢うとは他人みたいなもん。

デメリット

  • 運用が面倒
  • スパム認定されるリスクがある

特に、複数アカウントからまったく同じ内容を投稿したり、当時にRTしたりなど、不自然な盛り上げ行為はペナルティの対象になります。

しかし、逆に考えれば、効果があると自白しているようなもんです(笑)

もし、グレーなことに挑戦したくないという方は、友人や同僚と役割分担して下さい。量の人と質の人という風に。この件でペナルティを食らったらTwitterに堂々と文句を言いましょう。

詳しくはこちら

Twitter、複数アカウントからの同一内容投稿を禁止に。複数アカウントからの同時いいねやRTも制限 - Engadget Japanese
Twiterは21日(米時間)、複数アカウントからの同一、もしくは実質的に同じ内容のツイートを禁止すると発表、開発者ガイドラインも更新しました。同時にツイートする場合だけでなく、予約投稿も対象になるとのことです。 2016年の米大統領選では多くのスパムボットが問題視されましたが、今回の仕様変更はこれらの問題への対抗....

ツイートアクティビティは絶対に確認しましょう!

量の定義は簡単ですが、質の定義が難しいところです。

主観に頼っては絶対にいけません!

頼るべきはデータです。

ツイートは「ツイートアクティビティ」から反響を確認出来ます。

インプレッション、エンゲージメントなど難しい言葉が書いてありますが、細かいことは覚えなくても大丈夫です。

反響の良かったツイートと悪かったツイートと、見比べてみてください。

そして、自分なりの基準を決めてましょう!「このくらい見てもらって、〇%くらいいいねが付いたらOK」みたいな。

他人の数字は気にする必要はありません。過去の自分のツイートと比較して良くなっていることが大事です。そのための量アカウントですから!

武器商人@ダーツ
武器商人@ダーツ

でも、質アカウントの質が量アカウントの質に負けているのは話になりませんよ(笑)どちらも自分の発信内容なんですから。

上記のデータは以下投稿のものです。

 

質アカウントのプロフィールとツイ消しは大事

上記でご紹介したツイートは、質アカウントのツイートアクティビティです。

その中に、プロフィールのクリック数というものがあります。

文字通りの意味です。

面白いツイートを見ると、どんな人なのか?他にどんなツイートをしているのか?気になるものです。

そして、ツイート内容を見た時に、

  • 「眠い」
  • 「起きた」
  • 「昨日は酔っぱらったー」

とか、誰得な情報が書いてあったらどうでしょう?

あるいは、いいね数が0の投稿がたくさん並んであったらどうでしょう?

印象は良くないです。

反響があまりにも悪いツイートはツイ消しするのも手です。

特に、質アカウントのツイートは、積極的に整理するべきだと思います。そのために、量アカウントと質アカウントを分けているのですから。

文字のみ、画像、動画、アンケートの反響の違いは?

前回の投稿で、

  • 画像付き
  • 動画付き
  • アンケート

は反響が大きいと書きました。

いろいろツイートしてみてツイートアクティビティを比較してみて下さい。

ただ、単なる文字のみの投稿より手間がかかるのは間違いありません!

僕の場合、量アカウントは文字のみで簡易に済ますことが多いです。

そして、反響が良かったら、画像なり動画を用意して、質アカウントのほうで投稿しなおします。

投稿間隔は注意しています。量アカウントも質アカウントも、フォロワーが重複しているので、うざいと思われますからね。。

最低1ヵ月くらいは空けたほうが良いです。

それを踏まえると、量アカウントのツイートアクティビティ分析は、1ヵ月前の投稿とかで良いかもしれませんね。

手抜きすることも長続きの秘訣です。

関連投稿

前回の投稿も是非参考にしてみて下さい。

どちらかというと、心構えとか総則的な内容です。

武器商人@ダーツのSNS講座 | TwitterというSNSの概要
今日は、1人で勝手にSNS講座でもやってみようかと思います。主に、心構え的なところです。ニーズがあれば続編を書こうと思います。キッカケ2018年10月中~11月頭に、ダーツ業界でSNSについての議論が熱くなりました。...

 

コメント