PERFECT2018第20戦(東京)を観戦しに行ってきました

はじめに

観戦に行くことは多くないし、試合動画はYouTubeでも観れるので、自分が前々から興味関心を持っていたことを中心に書きます。

主に運営・開催の話が中心になりますかね。

与太話

開催日程がダーツ祭りと重複していた件

PERFECT2018第20戦(東京)は、2018/08/26(日)に行われました。男子のみの単独開催です。

同日、「日本ダーツ祭り2018」も開催されておりました。ダーツ祭りの主催はダーツライブです。結果、観客は分かれてしまった感はありますが、両方行く方も多かったように思えます。僕個人的には相乗効果はあったと思いますね。

PERFECTがガチガチの賞金トーナメントであるのに対して、ダーツライブの主催するJAPANは、ショー的な位置付けが強いそうです。その考え方の違いも現れているようで、興味深かったです。

PERFECT2018第20戦(東京)の開催場所のTDS(東京ダーツスタジアム)@池袋は、白熱した戦いが繰り広げられておりましたよ^^;

PERFECTの既存店開催について

PERFECTプロの畑野千春さんから伺った話及び、自分が調べた話を元に書きます。

以下の投稿も参考にしております。

ダーツの大会は、風営法の許認可を取らないと行けないことになっております。(実務的な詳細は把握しておりません。)

例えば、PERFECT2018の最終戦は、千葉幕張メッセで行われます。大会日程に併せ、各大会ごとに許認可が必要となります。

それに対して、既に許認可を得て営業している店舗で行われるのが、既存店開催というわけです。別途、申請などが必要となるのかもしれませんが、一度許認可が通っているのであれば、ハードルはずっと低くなります。

※近くに病院があってはダメとか、学校があってはダメとか、風営法には細かいルールがあります。

既存店開催の最大のメリットは?と言われると、会場設営のコスト削減だと思います。それに伴い、PT100など、規模の小さめな大会が開催しやすくなると思います。

現状、既存店開催は以下です。

  • ダーツスタジアム池袋
  • ダーツスタジアム大阪
  • ダーツスタジアム札幌
  • PHOENIX FIELD あそびば 貝塚店

2018年8月24日(金) に、ダーツスタジアム沖縄店もOPENしておりますので、来年はここでの開催も増えるんではないでしょうか???

参考までに、PERFECT2017では沖縄でPT300が1つ開催されましたが、PERFECT2018では開催が0です。沖縄は、PERFECTプロが100名以上おります。沖縄県民140万人に対して100人超という比率は、全国でもダントツです。データ上から見ると、沖縄は日本一ダーツが盛んな地域なので、開催数が増えたら盛り上がると思うんですよね。

武器商人@ダーツ
武器商人@ダーツ

近い将来、ダーツスアジアム宮城とかも出来て欲しいなぁと。

地元開催は、間違い無く盛り上がると思います。(少なくとも地元民はw)

入場料1000円について

以前、ちょっとした議論になった点です。

ダーツの大会は入場料無料が基本でした。今年から、既存店開催大会の一部で、入場料1000円取っています。

これは仕方ないことだと思います。

大会の入場料は無料が多いと言えど、一般大会と同時開催されることが多いです。一般大会のエントリー費用の中にドリンクチケットが含まれていたりするので、実質的に入場料はかかっているとも考えられます。

ましてや、既存店を利用するわけですし、試合観戦ですと、ドリンクの売上もちょっと落ちると思うからです。入場料は必須でしょうね。
でも、入場料1000円に対して、ドリンクチケット2枚付いてきたので、かなりリーズナブルな印象でしたね。

エントリー定員240名について


行く前から非常に気になっておりました。

行って納得、TDSのキャパだと、240名くらいが限度だと思います。

ポイントランキング上位者でも、

  • 樋口雄也プロ
  • 知野真澄プロ

は不参加でした。

開催数が増えてくれば、今後こういったケースも増えて来るのかなと思います。PT100が30くらいになって、ポイント対象が21戦のままとかだったら、必然的に地元プロの比重が高くなって来るのかなと思います。

試合観戦

予選ラウンドロビン

相変わらずPERFECTのロビンはし烈だと思いました。

完全ランダムの抽選の結果、鬼っていたロビンが多数ありました。一部のみですが結果を掲載します。

ロビンから楽しめるという点ではすごく面白いです。

3ロビンを2台で回していたおり、進行が遅かったため、いろいろなロビンを見て回れました。

入賞者でも、予選ロビン3位とかあるので、予選ロビンがいかに過酷かおわかりいただけると思います。

決勝トーナメント

予選ロビンが過酷ということにも関係してくるのですが、決勝トーナメント序盤から好カードがたくさんありました。

挙げ切れませんが、一部のみ。

~途中大幅に省略~

ベスト16当たりから、徐々にお馴染み選手が残って行きました。

  • 安田 弘城プロ
  • 伊藤 將康プロ
  • 柴田 純平プロ

は、あまり存じ上げなかったのですが、ポイントランキングを見る限り、すごく成績を上げてきているんだなと思いました。

ちなみに、

ポイントランキングのページの得点をクリックするとポイント詳細が見れます。

例えば、伊藤將康プロのページは以下です。

参戦数5戦でポイントランキング124位って、凄すぎます。

ポイント詳細|PERFECT プロソフトダーツトーナメント
プロソフトダーツトーナメント「PERFECT」オフィシャルサイト

今後、入賞に絡んで来る可能性は充分にありますね。

~途中大幅に省略~

決勝

山田勇樹 vs 浅田斉吾【男子決勝】2018 PERFECTツアー 第20戦 東京

優勝は、、、浅田斉吾(あさだせいご)プロでした。

インタビューにもありますが、決勝まで全てスト勝ちという無双っぷりです。

PDCアジアンツアーにて、脅威のAve:107.60という数字を残している浅田プロですが、当大会の予選のPPD:40.42も化け物じみています。

正直どうやれば勝てるのだろう?というレベルでした。

具体的には、

  • 先行01は4Rアウト
  • 先行クリケはMPR5点台後半

は必須になって来ると思います。

コークチョイスを落としたとすると、、、

  • 後攻01で9ダーツ
  • 後攻クリケでMPR6点台後半

ぐらいのレベル感じゃないと勝てない気がします。

決勝は、異次元の面白い戦いなので必見ですね^^

武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
PERFECT
スポンサーリンク
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント

  1. […] コチラのサイトでも詳しく解説されていますので […]

    • 武器商人@ダーツ bukidarts より:

      ご紹介ありがとうございます。

      僕の知らないピックアッププレイヤーが紹介されていて、興味深く読ませていただきました。