ダーツの動画コンテンツ発展のために必要なこと

ダーツ系YouTuberが増えています

有名なところですと、

などがあります。

新しくはじめられた方も多数いらっしゃいます。

意外と骨の折れる動画編集作業と撮影場所の問題

PERFECT2018 第31戦 仙台にて、とある新参YouTuberの方にお会いしました。

動画編集の詳細の、難しい話はわかりませんでしたが、すごく難しそうだということだけわかりました(笑)

武器商人@ダーツ
武器商人@ダーツ

おそらく、かなり難しいと断言出来ます!!!

そのYouTuberとは、RAVOLINKSさんです。

僕がたまに参加している、ids(アイカフェダーツスクール)の動画などの作成編集を行っております。(運営元の許可済み)

なんでも、、、つい先日、、、PERFECTの畑野千春プロのレッスンの動画を撮影済みとのことです。

畑野プロからも、レッスン動画へ字幕を入れ、公開することの許可を得ております。

畑野プロ曰く「畑野千春は著作権フリーです。」とのことですが、RAVOLINKSさんのほうは著作権放棄しておりません。

さっそく、その動画を拝見し、畑野プロのブログへの引用(動画埋込み)、当ブログで解説記事を書かせて欲しいと交渉中です。

しかし、編集時間などの兼ね合いですぐには公開されない見込みです。

仕事を持ちながら、動画を公開するということは、並大抵のことではないです。

ブログも同じなので、今後何か協力出来ることは無いか?ということで、いろいろ話してきました。

動画の紹介の協力や、紹介の仕方について、協力出来ることはありそうだと思い、当投稿を書こうと決心したわけです。

また、今回は、動画の撮影場所については、許可を得られましたが、今後どうなるかはわかりません。(あくまで通常営業が優先ですので)

となると、将来的には、動画作成の高収益化をし、撮影場所に何らかのお礼も出来るレベルになればベストなんではないかと思います。

余談ですが、

  • 畑野千春式筋トレ
  • 畑野千春式ストレッチ

も、動画撮影して公開して欲しいと交渉中です。

そもそもYouTuberって何で飯食ってるの?

僕のブログにもGoogle Adsenseという広告を貼って収益化しております。

広告が表示あるいはクリックされた場合に、広告主から支払われる収入です。利用者の費用負担はありません。

ダーツのブログは、まだ食っていける段階にまでなっていませんが、将来的にそうなる見込みはあるため、モチベーションを維持出来ております。

YouTuberも同様で、再生数に応じて収入が発生します。

実は、その要件が、、、2018年2月20日に変更になっております。

  • チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間
  • チャンネル登録者が 1,000 人

何を意味するのかというと、

今までは、細々としたコンテンツを作成しているYouTuberにも収益が発生していたが、それ以降は発生しなくなったということです。

悪く解釈すれば、動画作成主にとって厳しい変更ですが、

良く解釈すれば、品質の悪い動画が公開されにくい=良い動画が増える、

ということです。

しかし、収益を得るまでのハードルは上がったことは事実なので、協力していければと思います。ダーツの動画は、閲覧ユーザーの母数が少ないので、更にハードルは高いです。。

RAVOLINKSをチャンネル登録して下さいね^^

繰り返し言います。

是非是非、チャンネル登録をお願いします。

RAVOLINKS

動画紹介をする際の一般的ルール

SNSなどを拝見していると、ダーツの動画については、一部無法地帯となっているので、一般的な基準でどうなっているのかを簡単に記載したいと思います。

まず、動画は著作権法によって保護されておりますので、作成主の許可を得ず無断で複製したりすることはNGです。(といっても、コピーされている方多いですが、、。)

SNSでシェア、ブログに埋込み

SNSなどでURLを記載することはOKです。むしろ喜ばれます。

ブログで公開する際は、動画をHTML形式で埋め込めばOKです。こちらも喜ばれます。

HTML形式で埋め込む場合は、動画の下部にある、「共有」を選択し、新しく開いたウィンドウの「埋め込む」を選択すれば、HTMLコードが表示されます。それをブログに貼り付ければOKです。

引用について

ブログを書く人にとっては、必須の知識です。

引用は、他人の著作物を丸々コピーする行為です。

さきほど、コピーはダメと言ったのに、コピーはOKとはどういうことでしょうか?

引用とは、

一定の条件を満たした「引用」は、権利者に無許可で行うことができる(32条)。これは著作権侵害にならない。
引用 – Wikipedia

簡単に言うと、以下2つが守られていればOKです。

自分の文章が主となって、引用された文章が従になっていること

文章のほとんどがコピーで、1行だけコメントするような文章は、主と従の関係性が逆になるのでNGです。

出典を明示すること

動画の場合はURLへのリンクを貼って置けば問題ありません。

とは言いつつ、揉め事はおこりやすい。

しかし、この引用ですが、書き手の主観によってある程度ズレが生じ、揉め事にもなりやすいです。

念のため、権利者にお断りを入れるか、問合せ先なども書いておいたほうが良いと思います。

喜ばれやすい動画紹介方法

人によって、違いはあるかもしれません。

以下は、喜ばれやすいようです。

  • 動画の解説
  • 動画の文字起こし
  • 類似動画のまとめ

お互いの利益にもなりますので、動画作成主とも良好な関係を築いていければと思います。

武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
diary
スポンサーリンク
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント