自宅で練習するのに適した静音性の高いダーツボード

はじめに

上達への最大の秘訣、それは言うまでも無く練習です。

 

武器商人@ダーツ
武器商人@ダーツ

初心者でも1週間でカウントアップ1000点を取れた練習法のような怪しい教材に興味があるかたは、そちらを参照して下さい。何気に僕もそういう教材を買ったことがありますが、そんなに甘い話はありませんでした。

ダーツにはまればはまるほど、お金が飛びます。

1回の練習にかかるお金

お店には、1ゲームあたりに1~数クレジットかかるインコインのお店があります。

最初は、100円で1ゲームだとして10ゲームくらいすれば楽しめたりするものですが、上手くなるにつれで100円の消化スピードがものすごく早くなります。

1回ダーツバーに行くと、5000円とか普通に飛んでしまうので、月に10万円以上かかっていまうこともザラです!

そうすると、練習代の節約のために漫画喫茶に行ったりする方も多いです。

でも、ダーツバーも楽しいですよね。。。?!そもそも、ダーツバーじゃないと練習出来ないのでしょうか?疑問に思う方もいると思います。

宅投げのススメ

僕は、自宅で練習して節約するのがお勧めです。

自宅での練習で気を付けるべきポイントは以下です。

設置するスペースはあるか?

まず、大前提として、自宅にボードを置くだけのスペースがあるかの確認はして下さい。

ボードからスローラインまでの距離は、

  • ソフトダーツの場合は243cm
  • ハードダーツの場合は237cm

スローラインに立つので、立つ位置も考慮しなければなりません。また、ボードスタンドを置く場合は、さらに10cmくらい考慮したほうが良いです。(壁掛け式もありますので必須ではありません)

静穏性について

次に気になるのが静音性です。

お店でプレイしていると気付きにくいですが、ソフトダーツの音はものすごくうるさいです!マンションやアパートの場合、隣の部屋にまで響きます。

静音性の高いダーツボードとしては、以下の2つの選択肢があります。

  • ハードボード
  • ZERO BOAD

おすすめのダーツボード

ハードボードにするなら

ハードボードにもいろいろありますが、ソフトダーツとハードダーツでは的の大きさが違います。ところが、実は、ソフトボードと同じ大きさのハードボードがあったりします。

こちら非常にお勧めです。僕もこれを使用しております。

また、僕の場合は、ボードを移動させることが多いので、スタンドも持ち運びしやすい軽いものを使用しております。

ソフトボードにするなら

次に、ZEROBOADという商品をご紹介します。

こちらは、ソフトダーツのボードなのですが、特殊な素材で製造されているようで、音がほとんど聞こえません。

一度ダーツハイブさんで試投させてもらったのですが、ソフトダーツとは思えない音でした。若干物足りなさを感じる方もいるかもしれません。

有名なダーツ系YouTuberの菊池山口さんの動画を挙げておきますね。最終的には好みの問題になるかと思いますが、比較的にリーズナブルなのでどちらも購入している方も多いようです。

ZEROBOARDのレビュー ゼロボードの裏面見せます
武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
練習
スポンサーリンク
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント