浅田斉吾(あさだせいご)プロ無双の理由。スタッツが驚異的過ぎる。PPD41.07!

2018 PERFECT【第24戦】群馬のリザルトを見ましたか???

オールスト勝ちです。

一応、、、ダーツは先行が有利と言われているんですけど、何故オールスト勝ちが出来るんでしょうか?

スタッツを見て納得しました。

今回は分析ポイントを501だけに絞りました。

PPD=41.07ってどういう数字なんでしょうか?

PERFECTは、501という試合フォーマットです。100%スタッツで計算されていることを考慮して計算すると、平均12.01438849ダーツ=約12ダーツでフィニッシュしているということになります。

アレンジの話は抜きにします。(100%スタッツはアレンジとフィニッシュ込みの数字なので。)

そう、ほぼ4Rでフィニッシュです。

参考までに、PPDと平均何ダーツで上がれるか?の数字は以下のようになります。

PPD 平均何ダーツ
42 11.9
41 12.2
40 12.5
39 12.8
38 13.2
37 13.5
36 13.9
35 14.3
34 14.7
33 15.2
32 15.7
31 16.2
30 16.7

PPD33以下の人は、5Rで上がれたら上出来という数字です。当たり前にブレイクされます。

PPD34-39は、上位選手によく見る数字だと思います。5Rで上がることは出来るけど、安定して4Rで上がるのは出来ないというレベル感です。

浅田プロと対戦すると、浅田プロが先行の場合は余裕でキープされてしまいます。浅田プロが後攻の場合も、1本でもミスしようものなら、ブレイクされることも充分あり得る数字です。

そして、浅田プロは、フィニッシュ圏内の良い数字で、次のラウンドの開始を待っているわけです。

実は、、、PERFECT2018第20戦東京も似たような状況でした。決勝までオールスト勝ちで、決勝だけヤンマーさんに1レグ取られていました。

僕は、その会場に居ました。

浅田プロと対戦すると、相手が先行の場合でもゲーム終盤には何故か追い詰められている展開に。先行なのに追い詰められる???どうしてだ?

PPD41.07って、そういう数字なんだなと、しみじみ思いました。

 

武器商人@ダーツのSNS関連
この記事を読んで面白いと思っていただけた方は、是非いいねをお願い致します。ブログ執筆のモチベーションアップに繋がります。
最新情報をお届けします。
PERFECT
スポンサーリンク
武器商人@ダーツをフォローする
武器商人@ダーツのブログ

コメント